ニュース速報

ワールド

トランプ氏、26日までに最高裁判事候補発表 選挙前の承認目指す

2020年09月22日(火)11時30分

 トランプ米大統領は21日、18日に死去したルース・ギンズバーグ最高裁判事の後任を26日までに発表する方針を示した。ワシントンの米最高裁前で18日撮影(2020年 ロイター/ALEXANDER DRAGO)

[ワシントン 21日 ロイター] - トランプ米大統領は21日、18日に死去したルース・ギンズバーグ最高裁判事の後任を26日までに発表する方針を示した。大統領選前の最高裁判事人事を巡っては、野党民主党が反対しているほか、共和党内からも一部で消極的な声が上がっているものの、トランプ大統領は選挙前に議会での指名承認採決に持ち込みたい考えだ。

トランプ氏はホワイトハウスで記者団に対し、検討している候補5人のうち1─2人に絞りつつあることを明らかにした。共和党が多数派の上院に対し、指名承認採決を11月3日の大統領選前に実施するよう呼び掛け、「選挙前に採決を実施したい。時間は十分にある」と述べた。

最高裁判事候補の中では、シカゴに本部を置く第7巡回区控訴裁のエイミー・コニー・バレット氏と、アトランタに本部を置く第11巡回区控訴裁のバーバラ・ラゴア氏の2人の女性判事が最有力となっている。両氏とも、トランプ氏が連邦控訴裁判事に昇格させた保守派の判事だ。関係筋によると、トランプ氏は21日、ホワイトハウスでバレット氏と会談した。

トランプ氏が後任候補を今週発表すれば、来週に予定されるギンズバーグ判事の遺体埋葬の前となる。

ギンズバーグ氏の遺体は23日と24日、一般弔問のために最高裁に安置され、25日には議会議事堂内に移され、葬儀が行われる予定。

実現すれば、トランプ大統領による最高裁判事の指名は3人目。保守派判事はリベラル派に対し6対3の割合となり、最高裁の保守化が進む。

上院では53対47で共和党が過半数を占めており、指名承認を阻止するには少なくとも4人の造反が必要となる。

共和党のマコネル上院院内総務は、後任判事の指名承認手続きを急ぐ構えを示しているが、同党のスーザン・コリンズ、リサ・マカウスキ両上院議員は週末、選挙前の指名承認採決に反対を表明した。

民主党は、共和党のチャック・グラスリー、コリーガーデナー両上議員からも同様の反対表明を期待していたが、両氏は21日、トランプ氏が指名する判事候補の速やかな承認を支持する意向を示した。

民主党はまた、トランプ氏と対立したことのあるミット・ロムニー氏が造反者になる可能性があるとみているが、ロムニー氏はこの日、最高裁判事の人事を巡る質問にコメントを控えた。

民主党のシューマー上院院内総務は、採決は来年に実施すべきだと指摘。「それがギンズバーグ判事の遺言だった。おそらく上院の唯一で最後の望みでもある」と語った。

民主党の大統領候補であるバイデン前副大統領も前日、大統領選前の最高裁判事人事を「政治的な実力行使」と非難し、上院共和党は大統領選が迫る中で承認手続きを行うべきではないと訴えた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

EU、WHO権限強化を提案 パンデミックに迅速対応

ワールド

モスクワ、大規模ワクチン接種の用意 供給整えば11

ワールド

OPEC、10月は4カ月連続で増産 リビア生産再開

ワールド

ロシアのハッカー集団、米民主党やシンクタンク標的に

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 2

    「なぜ欲しいのかワケがわからない」文在寅の原潜計画にアメリカから疑念

  • 3

    日米豪印「クアッド」に走る亀裂──多国間連携で「反中国」より大事なこと

  • 4

    米総領事館に亡命申請にきた十代活動家を香港当局が…

  • 5

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 6

    韓国の高齢者貧困率が日本を超える理由

  • 7

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 8

    「中国共産党は略奪者」 米国務長官ポンペオ、一帯一路…

  • 9

    「みんな承認欲求をこじらせている。それを意識して…

  • 10

    「ペンシルバニアで多くの黒人が棄権しない限りトラ…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    菅首相は安倍首相に続き自滅か

  • 5

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 6

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 7

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 5

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 6

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 7

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 8

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 9

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の…

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!