ニュース速報

ワールド

豪シドニー近郊でクラスター発生、新型コロナ第2波への懸念高まる

2020年07月13日(月)15時22分

 7月13日、オーストラリアで人口が最多のニューサウスウェールズ(NSW)州で、新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生し、感染第2波への懸念が高まっている。写真はシドニーで4月撮影(2020年 ロイター/Loren Elliott)

[シドニー 13日 ロイター] - オーストラリアで人口が最多のニューサウスウェールズ(NSW)州で、新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生し、感染第2波への懸念が高まっている。

オーストラリアは厳しい規制を迅速に導入して、他国のような深刻な感染状況を回避。累計の感染者数は1万人未満と、ここ数日の米国での1日の感染者の6分の1にとどまっている。

しかし、先週には人口第2位のビクトリア州で、感染者急増を受けてロックダウンが再導入される事態となり、当局者は市中感染の拡大に懸念を示している。

NSW州では過去24時間に新たに14人の感染が確認された。このうち市中感染者は8人で、大半がシドニー南西部にあるクロスローズ・ホテルのパブに最近訪れて感染したとみられ、このパブに関連した感染者は合計で13人となった。

連邦政府のマイケル・キッド副主席医務官はオーストラリア放送協会(ABC)に対し、「全国に必需品を届ける輸送ドライバーがこのホテルを利用しており、懸念される」と述べた。ドライバーは検査を受けていないという。

当局は、このパブを訪れた人に対して、2週間自主隔離を行い、ウイルス検査を受けるよう呼びかけている。

また、シドニー市内では、7月4日にカジノのザ・スターを利用した人がウイルス検査で陽性が判明した。スター・エンタテインメント・グループが明らかにした。人の出入りが多いカジノを利用した人の感染が確認されたことで、拡大への懸念が高まっている。

ビクトリア州では過去24時間に177人の感染が新たに確認された。新規感染者が3桁となるのは8日連続。ただ、前日の273人からは減少した。

同州保健当局トップのブレット・サットン氏は州都メルボルンで、記者団に対し「ピークはまだ過ぎていない可能性がある。減少傾向が1週間続くことが望ましい」と語った。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

「信頼できない」中国アプリ、アプリストアから削除を

ワールド

ブラジル中銀、政策金利を2.25%から2.00%に

ワールド

コロナワクチン、来年初めまでに数千万回分用意も=フ

ビジネス

米株上昇続く、ダウ373ドル高 ディズニー決算が支

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 6

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 7

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 8

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 9

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 10

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!