ニュース速報

ワールド

豪シドニー近郊でクラスター発生、新型コロナ第2波への懸念高まる

2020年07月13日(月)15時22分

 7月13日、オーストラリアで人口が最多のニューサウスウェールズ(NSW)州で、新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生し、感染第2波への懸念が高まっている。写真はシドニーで4月撮影(2020年 ロイター/Loren Elliott)

[シドニー 13日 ロイター] - オーストラリアで人口が最多のニューサウスウェールズ(NSW)州で、新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生し、感染第2波への懸念が高まっている。

オーストラリアは厳しい規制を迅速に導入して、他国のような深刻な感染状況を回避。累計の感染者数は1万人未満と、ここ数日の米国での1日の感染者の6分の1にとどまっている。

しかし、先週には人口第2位のビクトリア州で、感染者急増を受けてロックダウンが再導入される事態となり、当局者は市中感染の拡大に懸念を示している。

NSW州では過去24時間に新たに14人の感染が確認された。このうち市中感染者は8人で、大半がシドニー南西部にあるクロスローズ・ホテルのパブに最近訪れて感染したとみられ、このパブに関連した感染者は合計で13人となった。

連邦政府のマイケル・キッド副主席医務官はオーストラリア放送協会(ABC)に対し、「全国に必需品を届ける輸送ドライバーがこのホテルを利用しており、懸念される」と述べた。ドライバーは検査を受けていないという。

当局は、このパブを訪れた人に対して、2週間自主隔離を行い、ウイルス検査を受けるよう呼びかけている。

また、シドニー市内では、7月4日にカジノのザ・スターを利用した人がウイルス検査で陽性が判明した。スター・エンタテインメント・グループが明らかにした。人の出入りが多いカジノを利用した人の感染が確認されたことで、拡大への懸念が高まっている。

ビクトリア州では過去24時間に177人の感染が新たに確認された。新規感染者が3桁となるのは8日連続。ただ、前日の273人からは減少した。

同州保健当局トップのブレット・サットン氏は州都メルボルンで、記者団に対し「ピークはまだ過ぎていない可能性がある。減少傾向が1週間続くことが望ましい」と語った。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

ワクチン確保競争激化 EUが輸出監視強化、英は契約

ワールド

中国、台湾独立は「戦争を意味する」 支持勢力の挑発

ビジネス

米新規失業保険申請84.7万件、前週から改善

ビジネス

米マクドナルド、第4四半期決算は予想下回る 欧州の

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 6

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 7

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 8

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 9

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 10

    26歳で死んだソン・ユジョン、売れないと悩んでいた

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!