ニュース速報

ワールド

トランプ氏、元側近ストーン氏の刑免除 共和党重鎮と民主党反発

2020年07月13日(月)09時18分

 7月10日、トランプ米大統領は、2016年米大統領選にロシアが介入した疑惑を巡る偽証で3年4月の禁錮刑が確定していた元側近で長年の盟友ロジャー・ストーン元被告(写真)について、刑を免除した。米フロリダ州フォートローダーデールのストーン元被告の自宅前で撮影(2020年 ロイター/Joe Skipper)

[ワシントン 10日 ロイター] - トランプ米大統領は、2016年米大統領選にロシアが介入した疑惑を巡る偽証で3年4月の禁錮刑が確定していた元側近で長年の盟友ロジャー・ストーン元被告について、刑を免除した。

ストーン氏(67)は14日にジョージア州の連邦刑務所に収監される予定だった。民主党はトランプ氏の決定について、法の支配に打撃を与えているとして批判した。

トランプ氏はツイッターに「ロジャー・ストーンは、決して起こるべきでなかった違法な魔女狩りのターゲットにされた。犯罪者はむしろ反対陣営で、バイデンとオバマが違法に私の陣営にスパイ行為を働き、ばれたという事実も含む!」と投稿した。

刑の免除は恩赦と異なり、有罪判決は無効にならない。

ストーン氏は「(ロシア疑惑)捜査に合法的なきっかけは全くなく、魔女狩りだったと気付くと、ゾッとするような悪夢だ」と強調した。トランプ氏はロシアの大統領選介入疑惑に関する検察や議会民主党の調査を繰り返し魔女狩りと批判してきた。

ストーン氏を含むトランプ氏の複数の元側近は、モラー特別検察官(当時)によるロシア疑惑捜査を巡る罪で起訴されている。ストーン氏は昨年11月に7つの罪状で有罪評決を受けた。

ストーン氏の刑の免除に対し、与党・共和党のトランプ氏に近い一部議員は歓迎の意を表したが、大半の議員は反応を示していない。

しかし、同党重鎮のミット・ロムニー上院議員はツイッターで「前例のない、歴史的な腐敗だ。米大統領が、まさに大統領を守るための偽証で有罪評決を受けた人物の刑を免除するとは」と批判。ロムニー氏は今年2月、トランプ大統領のウクライナ疑惑を巡る弾劾裁判で、共和党から唯一造反し、権力乱用に関する評決で有罪に賛成票を投じている。

議会民主党や政治評論家などは、ストーン氏や元大統領補佐官(国家安全保障問題担当)のマイケル・フリン被告、元トランプ選対本部長ポール・マナフォート氏の起訴に公の場で異議を唱えるトランプ氏は法の支配を阻害していると批判してきた。

民主党のペロシ下院議長は11日の声明で「このような恥知らずの不正を防ぐために議会は措置を講じる」と表明。「大統領を刑事訴追から守るための隠蔽活動に関与した個人に対し、大統領が恩赦や刑の免除をできなくするための法律が必要だ」と訴えた。

ストーン氏は、16年大統領選の民主党候補クリントン氏を不利にする電子メールを暴露した内部告発サイト「ウィキリークス」と接触を図ったことについての偽証罪などで有罪が確定していた。米情報当局はこのメールを盗んだのはロシアのハッカーだと結論づけている。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

NZ中銀、資産買い入れ拡大 マイナス金利の可能性示

ワールド

新型コロナ、東京都内で新たに222人の感染確認

ワールド

NZ、コロナ感染疑い例が新たに4人 行動制限巡り1

ビジネス

メキシコへの外国観光客、上半期は前年比41%減 新

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはなぜか?

  • 4

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    東京都、11日の新型コロナウイルス新規感染188人 緊…

  • 10

    モーリシャスが環境緊急事態宣言 日本船の燃料流出…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 10

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!