ニュース速報

ワールド

WHO、新型コロナ対応検証へ 中国は20億ドル拠出表明

2020年05月19日(火)09時34分

 5月18日、世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスの感染拡大に対する国際的な対応を巡る独立した検証をできるだけ早期に開始すると表明した。写真はジュネーブのWHO本部(2020年 ロイター/Denis Balibouse)

[ジュネーブ 18日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は18日、新型コロナウイルスの感染拡大に対する国際的な対応を巡る独立した検証をできるだけ早期に開始すると表明した。中国は流行終息後の中立的な検証実施を支持する考えを示し、今後2年間で20億ドルを拠出する方針も明らかにした。

ただ、アザー米厚生長官は、WHOの「失敗」を主因に、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)は「制御不能に陥った」と非難。中国を名指ししなかったものの、「少なくとも加盟国の1つが新型コロナ発生の隠蔽(いんぺい)を試みたようだ」と述べた。

トランプ米大統領はホワイトハウスでのイベントで記者団に対し、WHOの新型コロナ対応について「ひどい仕事をした」と批判し、米国の資金拠出について近く決定すると述べた。

大統領は「米国の年間拠出額は4億5000万ドルだが、中国は3800万ドルだ。WHOは中国の操り人形だ」と述べた。

トランプ氏は4月、WHOを「中国中心主義」と非難し、資金拠出を少なくとも一時的に停止すると表明した。

WHOのテドロス事務局長はテレビ会議方式で行われた年次総会で、新型コロナの感染拡大について「早い段階から頻繁に警鐘を鳴らした」と述べ、WHOの対応を擁護した。

その上で、「なるべく早く適切な時期」に独立した検証を開始し、将来のための提言を行うと表明。「すべての国、すべての組織が自らの対応を検証し、教訓を学ばなければならない」とし、調査はすべての当事者を対象に誠実に行う必要があると述べた。

中国はこれまで、ウイルスの起源や感染拡大を巡る調査を求める声に反発してきたが、習近平国家主席は年次総会で、感染が世界的に制御された段階で、国際的な対応を巡り包括的な検証を行うことを支持する考えを示した。ただ「検証はWHO主導の下、科学的かつ専門的な態度で臨む必要があり、客観性や公平性の原則が伴わねばならない」と強調した。

習主席は中国の初動対応について、透明性を持って迅速に情報を共有したと主張した。主に途上国のコロナ対策を支援するため向こう2年間で20億ドルを拠出する方針も示した。これは昨年のWHO予算に匹敵する額で、トランプ政権が凍結した年間約4億ドル分を補完するのに十分な額だ。

米国家安全保障会議(NSC)の報道官はこれについて、中国政府の対応の失敗を巡り責任を追及する声が高まる中、注意をそらそうとしていると批判した。

アザー厚生長官は年次総会で、「世界に必要な情報を入手する上で、WHOは失敗し、多くの命を犠牲にした」と指摘。「加盟国が誠意に欠く行動をした際に、WHOは情報共有と透明性という中核的な使命を果たせなかった。このようなことは二度と起きてはならない」と語った。

また「WHOによる対応の全側面について独立した検証」を行うことを米国は支持すると表明し、中国の対応も「対象にすべき」との立場を示した。

アザー長官の後に発言した中国国家衛生健康委員会の馬暁偉主任は、中国政府は感染状況の発表やウイルスの遺伝子配列の共有などを迅速かつ透明性のある形で行ってきたと述べ、各国に対し「うわさや非難、差別に抵抗」するよう求めた。

新型コロナの起源と感染拡大に関する独立した調査の実施を求めて欧州連合(EU)とオーストラリアがまとめた決議案には、WHO加盟国から採択にほぼ十分な支持が集まったもようだ。決議案は19日に採決にかけられる見通し。

ドイツのシュパーン保健相は、WHOは「外部の干渉からの独立性を高める」とともに、「主導・調整役」としての役割を強化する必要があると指摘した。

オーストラリアのハント保健相は、計画されている検証では、WHOの査察権限の強化や、野生生物・生鮮市場がもたらす世界的な脅威への対策などが検討される可能性があると述べた。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米、人種間の富の格差やや縮小=FRB調査

ワールド

バイデン氏、対中強硬姿勢の維持必要 当選なら=クル

ワールド

トランプ氏「多額の税金納付」、民主は詳細求める 納

ワールド

米大統領選、下院投票で決定も ペロシ議長が民主に結

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に送り返す」対策で対抗

  • 4

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 5

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 6

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 7

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 8

    日本人のインスタ好きの背景に「英語が苦手な事実」…

  • 9

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 10

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!