ニュース速報

ワールド

英政府、外出制限強化も 保健相が違反者に警告

2020年04月06日(月)11時11分

 4月6日、ハンコック英保健相は5日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため実施しているロックダウン(都市封鎖)のルールを無視する人が後を絶たなければ、屋外での運動を禁止するなど対策を強化せざるを得ないと警告した。写真はロンドンで5日撮影(2020年 ロイター/HENRY NICHOLLS)

[ロンドン 5日 ロイター] - ハンコック英保健相は5日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため実施しているロックダウン(都市封鎖)のルールを無視する人が後を絶たなければ、屋外での運動を禁止するなど対策を強化せざるを得ないと警告した。

新型コロナ感染症による英国内の死者は4日時点で4934人と、前日から621人増加した。

ロックダウンに関する現在のルールでは、対人距離を保つことを条件に散歩やジョギングなど日々の運動は認められている。

しかしハンコック保健相は、日光浴など他の活動は他者を危険にさらす恐れがあり、ロックダウンを長期化させる可能性があると警告。多くの人はルールに従っているが、少数の人が違反を続けた場合、「追加措置をとらざるを得ないかもしれない」と述べた。

5日は気温の上昇により市民が公園などに出かけるのではないかとの懸念が浮上していた。ロンドンでは、4日に日光浴をしたり大人数で集まったりする人が多く見られたとして、5日に公園を閉鎖する自治体もあった。

ハンコック保健相は外出制限の緩和時期について、感染拡大を抑制できた段階にならなければ判断できないとし、「まだそうした段階にはない」と述べた。

政府の新型コロナ対策立案に協力したインペリアル・カレッジ・ロンドンのニール・ファーガソン教授はBBCのインタビューで、英国内の新型コロナの流行は向こう7─10日でピークを迎えるとの見方を示した。

その上で「その後は、感染者がどれだけ早急に減少するかが極めて重要になる。ピークが横ばいのまま長期間続くか、もしくは早急に減少させることができるかが問題で、現行の対策がどれだけ有効かに左右される」と述べた。

死者は約7000人から2万人余りの範囲になる可能性があるとの見方を示した。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

英新車販売台数、5月は89%減 1952年以来の低

ビジネス

カーニバル傘下プリンセス・クルーズ、一部運航休止を

ワールド

米国は今後も報道の自由尊重すると期待=英外相

ワールド

香港立法会、国歌条例を可決

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 3

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 10

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 8

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!