ニュース速報

ワールド

WHO、新型肺炎ペース鈍化「予断許さず」 韓国でも集団感染

2020年02月21日(金)06時29分

世界保健機関(WHO)は20日、中国本土で新型コロナウイルスの新たな感染の伸び鈍化は心強いとしつつも、この状況が今後も継続するとの判断は時期尚早との認識を示した。上海で撮影(2020年 ロイター/ALY SONG)

[ジュネーブ 20日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は20日、中国本土で新型コロナウイルスの新たな感染の伸び鈍化は心強いとしつつも、この状況が今後も継続するとの判断は時期尚早との認識を示した。

中国国家衛生健康委員会は19日時点の中国本土での新たな感染者が394人だったと発表。18日の1749人から減少し、1月23日以来の少なさだった。

テドロス事務局長は「この(減少)トレンドは心強いが、気を緩めているゆとりはない」と述べた。

さらに中国以外での感染者数がなお少ないと指摘しつつも、「この状況が長く続くとは限らない」と慎重な姿勢を崩さなかった。

一方、韓国ではこの日、新型コロナウイルスの感染者で初の死者が出た。また、新たに22人の感染が確認され、感染者数は104人となった。

新たな感染は大半が大邱で発生し、当局は当地の教会で行われたイベントで拡散したとみている。複数の当局者によると、教会の礼拝に参加したそのほか1000人強のうち少なくとも90人に症状が出ているという。

大邱広域市の権泳臻(クォン・ヨンジン)市長は、250万人の市民に対し、屋内にとどまるよう求めた。

テドロス事務局長は、韓国での感染者数は「制御可能」な水準とし、「初期の段階」で流行を食い止めたいとの考えを示した。WHO幹部のオリバー・モーガン氏も「数字がかなり高いようにみえるが、大半はすでに感染が確認されているケースに関連している」とし、「世界の疫学上の目立った変化を示唆しているわけではない」と述べた。

WHOはまた、3週間以内に新型ウイルス治療2種類の試験結果が明らかになる見通しとした。

こうした中、新型ウイルスが想定以上に感染力が高いという研究結果も発表された。米国株式市場では大型テクノロジー株が下げを強め、主要指数が一時約1%下落。感染者増加や経済的影響に懸念が強まった。

<湖北省は休業延長>

新型ウイルスの発生源となった中国の湖北省政府は同日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、企業に対し休業措置を3月11日まで延長するよう要請した。新型ウイルス封じ込めに関係する企業や不可欠な公共サービスは除外する。

学校も引き続き閉鎖される。従来の休業・閉鎖措置は今月21日までだった。

中国商務省は、新型コロナウイルスの感染拡大が国内の消費に「比較的大きな影響」を与えているとした上で、政府は自動車販売の促進を含めさらなる支援措置の発動を検討すると表明した。

一方、イラン保健当局は20日、新たに3人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表。これで同国内で確認された感染者は計5人になった。患者は全員イラン人で、中国への渡航歴はない。中国に渡航した人との接触もなく、感染経路は不明という。

保健省報道官によると、新たな患者3人中2人はイラン中部コムで感染が確認され、残りの1人はコム出身の医師で、コム近郊の都市アラクで確認された。コムでは前日、新型ウイルスの陽性が確認されていた患者2人が死亡している。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

東京で新たに143人感染、累計1000人超す=報道

ワールド

OPECプラス会合、9日に延期 ロシアとサウジが対

ワールド

新型コロナ、仏英で死者が過去最多 伊・スペインは拡

ワールド

8割以上が緊急事態宣言を支持=孫氏ツイッター調査

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!