ニュース速報

ワールド

ボルトン氏、ホワイトハウスによる著書出版の差し止めを懸念

2020年02月18日(火)12時37分

 2月17日、ボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障問題担当、写真)は、自身が出版を予定している著書がホワイトハウスに発売を「差し止められる」のではないかと懸念していると発言、トランプ大統領のツイートに反論する機会を与えられるべきだと主張した。写真はノースカロライナ州のデューク大学で行われたイベントで撮影(2020年 ロイター/Jonathan Drake)

[ワシントン 17日 ロイター] - ボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は17日、自身が出版を予定している著書がホワイトハウスに発売を「差し止められる」のではないかと懸念していると発言、トランプ大統領のツイートに反論する機会を与えられるべきだと主張した。

ボルトン氏は、ノースカロライナ州のデューク大学で行われたイベントで「最終的には著書を出版できると期待している。差し止められないことを期待する」と述べた。

同氏が公の場で発言するのは、上院の弾劾裁判でトランプ大統領に無罪評決が出た後初めて。

ボルトン氏は、トランプ氏からツイッターで批判されたことについて「(トランプ氏は)ツイートし、私は語ることができない。これはフェアだろうか」と述べた。

ニューヨーク・タイムズ紙が報じたボルトン氏の著書の原稿によると、トランプ大統領はウクライナが民主党のバイデン前副大統領の調査に協力するまで同国への軍事支援を凍結したい考えを示していた。

ホワイトハウスは1月、ボルトン氏の著書について「大量の機密情報」が記載されているとみられ、このままの形では出版できないとボルトン氏に通知。

ボルトン氏によると、ホワイトハウスは現在も、同氏が執筆した原稿のチェックを進めている。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナ、世界の死者5.3万人超す 

ビジネス

地方公共団体に1兆円交付、麻生財務相と合意=岸田自

ビジネス

中国、経済安定化で豊富な政策手段 新型コロナの影響

ワールド

米政権の新型コロナ顧問、「社会的距離の指針」順守を

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕される国とは

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 5

    新型コロナウイルスは、長年にわたるヒト-ヒト感染で…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    不仲だった兄を亡くした。突然の病死だった──複雑な…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 7

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 5

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 6

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 7

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 8

    やっぱり日本は終わりだ

  • 9

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 10

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!