ニュース速報

ワールド

イランが報復すれば「大規模な報復に出る」=トランプ米大統領

2020年01月06日(月)12時55分

 トランプ米大統領は5日、米軍によるイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害に対してイランが報復すれば「大規模な報復に出る」と警告した。写真は大統領専用機から降りる大統領夫妻。1月5日、メリーランド州で撮影(2020年 ロイターRS/Tom Brenner)

[大統領専用機 5日 ロイター] - トランプ米大統領は5日、米軍によるイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害に対してイランが報復すれば「大規模な報復に出る」と警告した。

トランプ氏は大統領専用機内で同行記者団に対し、イランはこれまでに米国人を殺害しているとして、イランの文化遺産を標的にする用意があると述べるとともに、米政権がソレイマニ司令官殺害に関連する情報の公開を「議論するかもしれない」と語った。

トランプ氏はソレイマニ司令官が米国人に対する攻撃を計画していたと発言。同司令官の殺害を指示する根拠となった情報を公開することを検討すると述べた。

イランが報復する可能性について質問された大統領は「(報復が)起きれば(報復が)起きる。(イランが)何かすれば、大規模な報復がある」と述べた。

大統領は司令官殺害について、イランとの戦争を避けることが目的だったとし、一段の緊張拡大をけん制しているが、イランが米国人や米国の施設を攻撃した場合、イランの施設52カ所を攻撃するとツイッターに投稿。「(標的の一部は)イランやイランの文化にとって非常にハイレベルで重要なものだ」と述べている。

ポンペオ米国務長官は5日、トランプ大統領がイランの文化遺産を標的にするとは述べていないと主張したが、大統領は「(イランが)道路沿いに爆弾を仕掛けて我々の国民を爆破することが許されて、我々が文化遺産に手を出すことは許されないというのはおかしい」とコメントした。

文化遺産を軍事行動の標的にするのは国際法で戦争犯罪と考えられている。

トランプ大統領は、イラクの議会が駐留する米軍やその他の外国部隊の撤退を求める決議を可決したことを受け、非友好的なやり方で撤退を要求される事態になればイラクに制裁を発動するとも警告した。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米中古住宅販売、3月は7カ月ぶり低水準 在庫不足で

ワールド

欧州委、アストラゼネカに対する法的措置は未定=報道

ビジネス

米新規失業保険申請、54.7万件に改善 2週連続で

ビジネス

ECB、緩和縮小巡る議論封印 タカ派「影潜める」=

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 3

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカの「頭の固い」ファンを黙らせた

  • 4

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 5

    時価総額はついに1兆ドル! ビットコインのすさまじ…

  • 6

    子どもの自己肯定感を高める、あるアイテムと深い理由

  • 7

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 8

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 9

    【動画】旅客機の空中「チキンレース」

  • 10

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 3

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚くべき生態明らかに

  • 4

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 5

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 6

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 9

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 10

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 6

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中