ニュース速報

ワールド

アングル:トランプ氏のアフガン電撃訪問、WHの秘密作戦が奏功

2019年12月07日(土)09時19分

 11月29日、情報がリークされることで名高くセキュリティー上の手落ちも多い米ホワイトハウスが、先週のトランプ大統領によるアフガニスタン電撃訪問では、いつになく用意周到だった。写真は28日、バグラム米空軍基地で(2019年 ロイター/Tom Brenner)

Humeyra Pamuk

[バグラム米空軍基地(アフガニスタン) 29日 ロイター] - 情報がリークされることで名高くセキュリティー上の手落ちも多い米ホワイトハウスが、先週のトランプ大統領によるアフガニスタン電撃訪問では、いつになく用意周到だった。秘密裏に事を進めるのに成功。大統領が機上にいる間に、準備してあったツイートを投稿するなどして、訪問が狙い通りの形で報道されるよう策を練ったと政権高官らは語る。

トランプ氏は26日、アフガニスタンのバグラム米空軍基地を予告なしで訪れた。アフガン訪問は初めてで、紛争地域を訪れるのは大統領就任以来2度目。バグラムでは駐留米兵らに七面鳥の夕食を振る舞い、自撮り写真の求めに応じ、米国と反武装勢力タリバンは和平協議の再開を望んでいると記者団に話した。

往復の移動時間を含め33時間のアフガン訪問で最も意外だったのはおそらく、トランプ氏が帰国に向け現地を出発する直前まで、訪問をひた隠すのに政府が成功したことだろう。ホワイトハウスのグリシャム報道官によると、ホワイトハウスは数週間前から訪問の準備を進めていた。

情報リークとトランプ氏の気ままなツイッター投稿に何度も足をすくわれてきたホワイトハウスは、今回の訪問をごく内輪の当局者にしか知らせなかった。

トランプ氏は26日、すべての出張に同行している記者団を伴い、公式日程通りフロリダ州の高級リゾートホテル「マールアラーゴ」に飛んだ。

28日午後、日程通り駐留米軍との電話会談のために姿を現すトランプ氏を待っていた記者団は、大統領が米兵らと直接会うため、昨晩のうちに1万3400キロ彼方のアフガニスタンに旅立ったことを知らされる。

「そこは危険地帯で、彼(トランプ氏)は軍を励ましたいのです」。27日夕、大統領専用機エアフォースワンに搭乗していた少数の記者団にグリシャム報道官はこう語り、ホワイトハウスが大統領の本当の動きを隠した意図を説明していた。

これらの「第2記者団」がワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地近くの駐車場にこっそり集合したのは、ほんの数時間前のことだ。記者らはミニバンに乗り、大統領がいつも離陸する基地へと送迎された。

これに先立ち、この記者らはトランプ氏がお忍びでどこか秘密の場所を訪れることを知らされていた。

基地に入った途端、記者らはスマートフォンや、電波を発信できるあらゆる機器を没収され、返却されたのはトランプ氏がバグラムに到着してから少なくとも2時間後だった。

グリシャム氏によると、13時間のフライト中、ホワイトハウスのスタッフを含め、エアフォースワンの搭乗者はだれ1人としてスマホにアクセスできなかった。客室はほとんど消灯され、窓のブラインドは閉められたままだった。

昨年のクリスマス、駐留米軍慰問のためイラクに向かっていたエアフォースワンを、イングランド上空で航空機追跡マニアが発見。見紛うことなきトルコブルーをあしらった機体の写真がツイッターに投稿され、SNS上で大騒ぎになった。前日に数十もの投稿があったトランプ氏のツイッターがいつになく静かなこともあり、同氏は紛争地域に向かっているとの臆測が飛び交った。

グリシャム氏によると、ホワイトハウスは今回、大統領のツイッターアカウントが継続性を保つよう準備し、大統領が機中にいる間に感謝祭を祝う投稿が流れるようにした。

バグラム基地で「USA」の連呼で迎えられたトランプ氏は「素晴らしい感謝祭ディナーだった」と演説。「どこか別の場所でディナーすることになると思っていたよ」と語った。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

28日にも全日空機を派遣、武漢など滞在の日本人帰国

ビジネス

独IFO業況指数、1月は予想外の低下 サービス業の

ワールド

ロシア、中国ツアーの販売を中止 新型肺炎を警戒

ワールド

情報BOX:止まらない感染、新型コロナウイルスの基

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    「空白の8時間」は何を意味するのか?──習近平の保身が招くパンデミック

  • 2

    「金正恩のタワマン、いずれぜんぶ崩壊」......建設担当者の不安な未来

  • 3

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」がまた暴言──意外にも同情を集めている理由

  • 4

    韓国人留学生だった私しか知らない中曽根元首相の素顔

  • 5

    ゴーン追放で日産が払った大きな代償

  • 6

    新型肺炎の最大の犠牲者は中国の貧困層

  • 7

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 8

    習近平「新型肺炎対策」の責任逃れと権謀術数

  • 9

    中国が新型ウイルスに敗北する恐怖

  • 10

    新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはも…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

  • 5

    文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

  • 6

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 7

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

  • 8

    日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

  • 9

    ゴーン裁判、レバノンで継続の可能性も 日本側と40日…

  • 10

    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」が…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 8

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 9

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!