ニュース速報

ワールド

米大統領補佐官代行、証言求める召喚状提訴せず 弾劾調査巡り

2019年11月13日(水)03時06分

マルバニー米大統領首席補佐官代行(写真)は12日、トランプ大統領の弾劾調査に絡み同氏の証言を求める下院委員会の召喚状について提訴しない方針を示し、今後は弾劾調査に協力しないとするトランプ大統領の意向に沿うと表明した。10月撮影(2019年 ロイター/Leah Millis)

[12日 ロイター] - マルバニー米大統領首席補佐官代行は12日、トランプ大統領の弾劾調査に絡み同氏の証言を求める下院委員会の召喚状について提訴しない方針を示し、今後は弾劾調査に協力しないとするトランプ大統領の意向に沿うと表明した。

マルバニー氏の召喚状への対応は二転三転している。下院委は先週、トランプ大統領がウクライナに圧力を掛けるため支援を保留したとされる疑惑を巡り、マルバニー氏に召喚状を出し、8日に証言を行うよう求めた。マルバニー氏はこれに応じず、ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の側近チャールズ・カッパーマン前副補佐官が起こしている召喚状への対応を巡る訴訟に参加する意向を表明した。

カッパーマン氏は召喚状に応じるべきか、応じないよう求めるトランプ政権の要請に従うべきかを裁判所の判断に委ねるとしている。

しかし、カッパーマン氏の弁護士がマルバニー氏の要請に反対し、連邦地裁判事も拒否する構えを示したことを受け、マルバニー氏の弁護士は11日夜、同氏がカッパーマン氏とは別に訴訟を起こすと表明していた。

マルバニー氏の弁護士は法廷に提出した文書で「検討の末、マルバニー氏は下院から受け取った召喚状を巡り訴訟しない」とし、「同氏はむしろ、証言に出席しないという司法省の法律顧問局の見解によって支えられた大統領の指示に沿う意向だ」と述べた。

マルバニー氏は10月の記者会見で、ウクライナ支援の保留は2016年米大統領選に関する調査を同国に求めるためだったとし、「外交政策では常にあること」で「これからは政治が外交政策に影響する」と発言。同氏はその後、交換条件は一切なかったと主張したものの、同氏の証言が注目されている。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

新型コロナ、東京で新たに243人の感染確認 過去最

ワールド

香港警察、警官襲撃巡り7人逮捕 容疑者の逃走支援

ワールド

トランプタワー前に人種差別抗議のスローガン、NY市

ワールド

豪、帰国者を半数に制限 ビクトリア州は新規感染者が

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

  • 3

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 8

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 9

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 10

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!