ニュース速報

ワールド

米エクソンとシェブロン、第3四半期は大幅減益 原油安重し

2019年11月02日(土)03時02分

 1日、米石油大手エクソンモービルとシェブロン が発表した第3・四半期決算は、生産増にもかかわらず原油安が重しとなり、大幅な減益となった。写真はエクソンが操業する油田。5月20日撮影(2019年 ロイター/Essam Al-Sudani)

[ヒューストン 1日 ロイター] - 米石油大手エクソンモービルとシェブロン が1日に発表した第3・四半期決算は、生産増にもかかわらず原油安が重しとなり、大幅な減益となった。

第3・四半期は両社とも国内シェール油田の生産が増加。一方、両社がともに出資しているカザフスタンの「テンギズ」油田プロジェクトの費用が25%増の452億ドルに膨らむ可能性があり、今後業績の重しになる恐れがあると警告した。

第3・四半期は北海ブレント先物が8.7%下落。四半期としての下落率は2018年第4・四半期以来の大きさとなった。米原油先物は7.5%下落した。

エクソンの利益は31億7000万ドル(1株当たり0.75ドル)に約半減。税制に絡み1株利益は0.07ドル押し上げられた。リフィニティブがまとめた1株利益のアナリスト予想は0.67ドルだった。

シェブロンの利益は36%減の25億8000万ドル(1株当たり1.36ドル)。一時項目と為替相場の影響を除く1株利益は1.55ドル。アナリスト予想は1.45ドルだった。

米テキサス州西部とニューメキシコ州にまたがるシェール油田地帯のパーミアン盆地の生産は、シェブロンが35%増の日量45万5000バレル、エクソンが約70%増の日量29万3000バレルだった。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

東芝がシステムLSI事業から撤退、米中摩擦続いても

ビジネス

NTT、ドコモ完全子会社化へTOB 1株3900円

ワールド

訂正-韓国、コロナ新規感染者の減少続く 当局は連休

ワールド

独政府の短時間労働制度、9月の対象者数は370万人

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 4

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 5

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 8

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 9

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 10

    日本人のインスタ好きの背景に「英語が苦手な事実」…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!