ニュース速報

ワールド

自民総裁選、石破氏が出馬表明 森友・加計意識し「正直・公正」前面

2018年08月10日(金)18時43分

 8月10日、自民党の石破茂・元幹事長(左)は記者会見し、9月の自民党総裁選挙への出馬を正式表明した。3選を目指す・安倍晋三首相(右)が国会議員の7割の支持を固めたとみられる中で、「正直」「公正」のスローガンを前面に地方票の獲得を目指す。写真は2015年7月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 10日 ロイター] - 自民党の石破茂・元幹事長は10日記者会見し、9月の自民党総裁選への出馬を正式表明した。3選を目指す安倍晋三首相が国会議員の7割の支持を固めたとみられる中で、安倍政権における森友学園・加計学園問題を念頭に「正直」「公正」のスローガンを前面に出し、地方票の獲得を目指す。

石破氏は、政治・行政の信頼回復100日プランを実施すると表明。森友・加計問題を巡る政権の対応などを念頭に「人間は無謬(むびゅう)でない、間違いは間違いとおわびする姿勢が必要。自分が国務大臣の際、官僚組織に転嫁しないことを心がけた」と強調した。森友学園問題で論点となっている安倍昭恵・首相夫人について「国民の税金でサポートしている以上、純然たる私人とは言えない」と指摘した。

今国会の予算委員会の大半が森友・加計問題の追及に費やされた経緯を踏まえ、国会改革が必要と強調。小泉進次郎・筆頭副幹事長ら自民党若手が提唱する国会改革に賛意を表明した。

また「野党がばらばらで無力であるときこそ、自民党はより厳しく己を律しないといけない」、「安倍総理がどれだけ国民から信頼されているか、常に真剣に配意する必要がある」と述べた。

総裁選では、憲法改正も争点になると指摘。「憲法改正で優先順位が高いのは、参議院の合区解消と基本的人権に配慮した緊急事態条項」とする一方、「9条については、国民の深い議論が必要」との見解を示した。

経済政策を巡っては、アベノミクスを「株価上昇や輸出企業の業績、雇用の改善を否定はしない」として評価しつつ、地域・世代間の格差是正など課題を先送りしないことが重要と強調。少子高齢化を背景に「財政、社会保障はこのままでは持続することができない」と指摘した。

同時に、意識する過去の首相として竹下登氏を挙げ「消費税が必要だと訴える姿勢に感動した」と述べ、また、石破氏支持の方針を示している参院を中心とした竹下派メンバーに謝意を示した。

自民党の杉田水脈・衆議院議員の発言を受けて性的少数者(LGBT )への同党の姿勢が焦点となっているが、「日本国民の8%といわれる方々の思いを傷つけて平然としていることはならない」と厳しく批判した。

*内容を追加して再送します。

(竹本能文)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    日本生まれのインスタントラーメン、韓国で育ち過激な味に 里帰りでブーム呼ぶか?

  • 3

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッジ大の女性博士が裸の訴え

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    ジム・ロジャーズ「日本で今後伸びる産業はこの3つ」

  • 8

    アクセス稼ぎのために酒と食用油をがぶ飲みし続けた…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 3

    アマゾン、2年連続税金ゼロのからくり

  • 4

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻…

  • 5

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    ジム・ロジャーズ「日本で今後伸びる産業はこの3つ」

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 10

    韓国経済の先行きに不透明感が高まっている3つの理由

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 6

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 7

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 8

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 9

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!