ニュース速報

ワールド

自民総裁選、石破氏が出馬表明 森友・加計意識し「正直・公正」前面

2018年08月10日(金)18時43分

 8月10日、自民党の石破茂・元幹事長(左)は記者会見し、9月の自民党総裁選挙への出馬を正式表明した。3選を目指す・安倍晋三首相(右)が国会議員の7割の支持を固めたとみられる中で、「正直」「公正」のスローガンを前面に地方票の獲得を目指す。写真は2015年7月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 10日 ロイター] - 自民党の石破茂・元幹事長は10日記者会見し、9月の自民党総裁選への出馬を正式表明した。3選を目指す安倍晋三首相が国会議員の7割の支持を固めたとみられる中で、安倍政権における森友学園・加計学園問題を念頭に「正直」「公正」のスローガンを前面に出し、地方票の獲得を目指す。

石破氏は、政治・行政の信頼回復100日プランを実施すると表明。森友・加計問題を巡る政権の対応などを念頭に「人間は無謬(むびゅう)でない、間違いは間違いとおわびする姿勢が必要。自分が国務大臣の際、官僚組織に転嫁しないことを心がけた」と強調した。森友学園問題で論点となっている安倍昭恵・首相夫人について「国民の税金でサポートしている以上、純然たる私人とは言えない」と指摘した。

今国会の予算委員会の大半が森友・加計問題の追及に費やされた経緯を踏まえ、国会改革が必要と強調。小泉進次郎・筆頭副幹事長ら自民党若手が提唱する国会改革に賛意を表明した。

また「野党がばらばらで無力であるときこそ、自民党はより厳しく己を律しないといけない」、「安倍総理がどれだけ国民から信頼されているか、常に真剣に配意する必要がある」と述べた。

総裁選では、憲法改正も争点になると指摘。「憲法改正で優先順位が高いのは、参議院の合区解消と基本的人権に配慮した緊急事態条項」とする一方、「9条については、国民の深い議論が必要」との見解を示した。

経済政策を巡っては、アベノミクスを「株価上昇や輸出企業の業績、雇用の改善を否定はしない」として評価しつつ、地域・世代間の格差是正など課題を先送りしないことが重要と強調。少子高齢化を背景に「財政、社会保障はこのままでは持続することができない」と指摘した。

同時に、意識する過去の首相として竹下登氏を挙げ「消費税が必要だと訴える姿勢に感動した」と述べ、また、石破氏支持の方針を示している参院を中心とした竹下派メンバーに謝意を示した。

自民党の杉田水脈・衆議院議員の発言を受けて性的少数者(LGBT )への同党の姿勢が焦点となっているが、「日本国民の8%といわれる方々の思いを傷つけて平然としていることはならない」と厳しく批判した。

*内容を追加して再送します。

(竹本能文)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 2

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    自動運転車は「どの命を救うべきか」世界規模の思考…

  • 6

    ソーセージで武装した極右がベジタリアンカフェを襲撃

  • 7

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 8

    日本の次世代ロケット「H3」の打ち上げを支える新型…

  • 9

    崩れ落ちる中国経済 住宅ローン地獄で家計債務がリ…

  • 10

    【血みどろの王家】サウジ皇太子側近は、女性活動家…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!