ニュース速報

ワールド

独連立合意でともに強まる党内不満 メルケル首相の指導力低下も

2018年02月13日(火)12時58分

 2月13日、先週ドイツで合意した大連立政権樹立を巡り、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)内部でそれぞれ不満の声が強まっている。写真は左からCSUのゼーホーファー党首、CDUを率いるメルケル独首相、SPDのシュルツ党首。ベルリンで7日撮影(2018年 ロイター/Hannibal Hanschke)

[ベルリン 12日 ロイター] - 先週ドイツで合意した大連立政権樹立を巡り、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)内部でそれぞれ不満の声が強まっている。

最新の世論調査では両党の支持率は低迷し、合わせても46%どまり。SPDは過去最低の16.5%で、極右政党「ドイツのための選択肢」をわずかに上回るにすぎない。

メルケル首相が財務相ポストをSPDに譲ったことで、党内には困惑が広がっている。また、3月4日に結果が判明するSPDの党員投票次第で合意が白紙に戻る可能性もある。

メルケル首相は11日、連立合意に向けた「痛みを伴う」譲歩を擁護。党内の批判は自身の指導力低下の兆しではないと主張した。

CDU幹部のギュンター・エッティンガーは12日、ラジオ番組でメルケル首相を評価したものの、新たな大連立政権が実現すれば、彼女が首相職を務めるのは今期が最後とくぎを刺した。

一方、SPDでも連立合意に対して一般党員間の批判は強い。

青年部の幹部は全国を回り、党員投票で反対票を投じるよう訴えている。

SPDはシュルツ党首の辞意表明を受け、13日に幹部が指導部交代について決定する。シュルツ氏は次期党首に議会で会派代表を務めるナーレス氏を指名したが、これについても党内で不満の声が広がっている。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知らない自動運転の現在地

2019-2・19号(2/12発売)

都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

人気ランキング

  • 1

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 2

    ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 5

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 6

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

  • 7

    「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

  • 8

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 9

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 10

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

  • 7

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 8

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 9

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 10

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!