ニュース速報

ワールド

独連立合意でともに強まる党内不満 メルケル首相の指導力低下も

2018年02月13日(火)12時58分

 2月13日、先週ドイツで合意した大連立政権樹立を巡り、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)内部でそれぞれ不満の声が強まっている。写真は左からCSUのゼーホーファー党首、CDUを率いるメルケル独首相、SPDのシュルツ党首。ベルリンで7日撮影(2018年 ロイター/Hannibal Hanschke)

[ベルリン 12日 ロイター] - 先週ドイツで合意した大連立政権樹立を巡り、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)内部でそれぞれ不満の声が強まっている。

最新の世論調査では両党の支持率は低迷し、合わせても46%どまり。SPDは過去最低の16.5%で、極右政党「ドイツのための選択肢」をわずかに上回るにすぎない。

メルケル首相が財務相ポストをSPDに譲ったことで、党内には困惑が広がっている。また、3月4日に結果が判明するSPDの党員投票次第で合意が白紙に戻る可能性もある。

メルケル首相は11日、連立合意に向けた「痛みを伴う」譲歩を擁護。党内の批判は自身の指導力低下の兆しではないと主張した。

CDU幹部のギュンター・エッティンガーは12日、ラジオ番組でメルケル首相を評価したものの、新たな大連立政権が実現すれば、彼女が首相職を務めるのは今期が最後とくぎを刺した。

一方、SPDでも連立合意に対して一般党員間の批判は強い。

青年部の幹部は全国を回り、党員投票で反対票を投じるよう訴えている。

SPDはシュルツ党首の辞意表明を受け、13日に幹部が指導部交代について決定する。シュルツ氏は次期党首に議会で会派代表を務めるナーレス氏を指名したが、これについても党内で不満の声が広がっている。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米ゼロックス、第3四半期利益が予想上回る 株価上昇

ビジネス

マクドナルド、第3四半期は海外好調で米の鈍化補う 

ビジネス

欧州委、イタリア予算案を拒否 3週間以内の再提出求

ワールド

シリアで拘束とみられる安田さん解放か、政府が確認中

MAGAZINE

特集:ケント・ギルバート現象

2018-10・30号(10/23発売)

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

人気ランキング

  • 1

    ここまで分かった「学習」の科学 繰り返し読む、蛍光ペンでマーク...意味ある?

  • 2

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 3

    9割の食塩にプラスチック片、成人1人当たり年間2000個が体内に

  • 4

    背景には「中国製造2025」──習近平による人民の対日…

  • 5

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 6

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 7

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 8

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 9

    世界で昆虫が急速に減少していることがわかった──プ…

  • 10

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 6

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 10

    ここまで分かった「学習」の科学 繰り返し読む、蛍…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 3

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 4

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 5

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

  • 6

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 7

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!