ニュース速報

ビジネス

午後3時のドルはじり安129円後半、CPI上振れで円一時堅調

2023年01月27日(金)15時52分

 1月27日 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場終盤の水準から小幅安の129円後半。写真は1ドル紙幣。2021年11月撮影(2023年 ロイター/Murad Sezer)

[東京 27日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場終盤の水準から小幅安の129円後半。朝方発表の1月東京都区部消費者物価指数(コアCPI)が予想を上回ったことを受けて、円が全般に底堅い展開となった。

1月都区部のコアCPIは前年比4.3%上昇と予想の4.2%を上回り、1981年5月以来、約41年ぶりの伸び率を記録した。ドルは朝方の130円前半から129円後半へ下落。その後、仲値公示に向けた実需の売りも重なり、129.50円まで下げ幅を広げた。

円は他通貨に対しても底堅い展開。ユーロは141円後半から前半へ、英ポンドも161円後半から160円半ばへ下落した。市場では「1月全国CPIも上振れる可能性が高まり、日銀の政策修正を巡る思惑が強まった」(国内銀行)との声が上がった。

しかし午後に入ると、特段の手がかりのない中で、米10年債利回りが3.53%付近へ小幅上昇。ドルが底堅さを増した一方でユーロやポンドが軟化し、ドル/円が切り返した半面、クロス円は上値の重さが目立つ形となった。

円相場はCPIに一時反応を見せたものの、市場では、1月の物価高は政府の旅行支援策縮小や寒波といった一時的な影響が大きいとの声が多数出ている。「2月以降に物価上昇圧力が緩和するとの見通しに大きな変化はない」(外銀)として、影響は限定的との見方が多いようだ。

ドル/円   ユーロ/ドル ユーロ/円

午後3時現在 129.97/99 1.0872/76 141.32/36

午前9時現在 129.79/81 1.0891/95 141.38/42

NY午後5時 130.21/24 1.0889/93 141.82/86

ロイター
Copyright (C) 2023 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀株が急落、ショルツ首相「懸念する理由ない」

ワールド

アングル:狭まる中絶薬へのアクセス、ネットや闇市場

ワールド

アングル:ハリス米副大統領が正念場、バイデン氏再選

ビジネス

米連邦預金保険適用拡大の可能性、さらに銀行破綻なら

MAGAZINE

特集:グローバル企業に学ぶSDGs

2023年3月21日/2023年3月28日号(3/14発売)

ダイキン、P&G、AKQA、ドコノミー......。「持続可能な開発目標」の達成を経営に生かす

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    大丈夫? 見えてない? テイラー・スウィフトのライブ衣装、きわどすぎて観客を心配させる

  • 2

    「次は馬で出撃か?」 戦車不足のロシア、1940年代の戦車を展開して嘲笑される

  • 3

    「この世のものとは...」 シースルードレスだらけの会場で、ひときわ輝いた米歌手シアラ

  • 4

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほ…

  • 5

    「何世紀の銃?」 兵器不足のロシアで「70年前の兵器…

  • 6

    インバウンド再開で日本経済に期待大。だが訪日中国…

  • 7

    「ベッドでやれ!」 賑わうビーチで我慢できなくなっ…

  • 8

    アメリカでも「嫌い」が上回ったヘンリー王子、ビザ…

  • 9

    劣化ウラン弾、正しいのはロシアかイギリスか

  • 10

    大物スターとの自撮りを大量投稿... 助演男優賞キー…

  • 1

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほぼ丸見えドレスに「悪趣味」の声

  • 2

    「この世のものとは...」 シースルードレスだらけの会場で、ひときわ輝いた米歌手シアラ

  • 3

    女性支援団体Colaboの会計に不正はなし

  • 4

    プーチンの居場所は、愛人と暮らす森の中の「金ピカ…

  • 5

    事故多発地帯に幽霊? ドラレコがとらえた白い影...…

  • 6

    復帰した「世界一のモデル」 ノーブラ、Tバック、シ…

  • 7

    「ベッドでやれ!」 賑わうビーチで我慢できなくなっ…

  • 8

    「セクシー過ぎる?」お騒がせ女優エミリー・ラタコ…

  • 9

    少女は熊に9年間拉致され、人間性を失った...... 「人…

  • 10

    「気の毒」「私も経験ある」 ガガ様、せっかく助けた…

  • 1

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほぼ丸見えドレスに「悪趣味」の声

  • 2

    推定「Zカップ」の人工乳房を着けて授業をした高校教師、大揉めの末に休職

  • 3

    バフムト前線の兵士の寿命はたった「4時間」──アメリカ人義勇兵が証言

  • 4

    訪日韓国人急増、「いくら安くても日本に行かない」…

  • 5

    「ベッドでやれ!」 賑わうビーチで我慢できなくなっ…

  • 6

    【写真6枚】屋根裏に「謎の住居」を発見...その中に…

  • 7

    1247万回再生でも利益はたった328円 YouTuberが稼げ…

  • 8

    ざわつくスタバの駐車場、車の周りに人だかり 出て…

  • 9

    年金は何歳から受給するのが正解? 早死にしたら損だ…

  • 10

    プーチンの居場所は、愛人と暮らす森の中の「金ピカ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story