ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル上げ幅縮小、FOMC議事要旨で過度な利上げに懸念

2022年08月18日(木)06時01分

ニューヨーク外為市場で、ドルが上げ幅を縮小した。午後に公表された7月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、インフレ抑制に向けた利上げが行き過ぎたものになる懸念が示されたことが分かった。 (2022年 ロイター/Marcos Brindicci)

[ニューヨーク 17日 ロイター] - ニューヨーク外為市場で、ドルが上げ幅を縮小した。午後に公表された7月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、インフレ抑制に向けた利上げが行き過ぎたものになる懸念が示されたことが分かった。

議事要旨で「多く」の参加者が「物価安定を回復するために必要以上に金融引き締めを進めてしまう可能性」のリスクを指摘したことが判明。ナットウエスト・マーケッツのG10為替戦略責任者、ブライアン・ダインジャーフィールド氏は「一部のFRB当局者は、金利に敏感なセクターで減速の兆しが出ているとし、行き過ぎた金融引き締めが実施されるリスクがあると指摘した」とし、7月のFOMC後の当局者発言と比べると「議事要旨は若干ハト派的との印象を受けた」と述べた。

議事要旨を受け、主要6通貨に対するドル指数は106.39に低下。ただその後は0.09%高の106.55に戻した。

9月のFOMCで決定される利上げの幅は、同会合までに発表される8月のインフレ指標や雇用統計などに左右されるとみられているが、議事要旨の公表を受け、9月に0.75%ポイントの利上げが決定される確率は40%と、公表前の52%から低下。0.50%ポイントの利上げが決定される確率は60%となっている。

ユーロ は0.13%高の1.0185ドル。ドルは対円で0.55%高の134.97円。

豪ドルは1.23%安。鉄鋼石などのコモディティー(商品)に対する中国の需要を巡る懸念が重しになった。

ニュージーランドドルは0.98%安。当初上昇していたが、不安定な取引の中、利食い売りが出た。ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は政策金利のオフィシャル・キャッシュレート(OCR)を50ベーシスポイント(bp)引き上げ3.0%とすることを決定。利上げは7会合連続だった。

英ポンドは序盤の上げから下げに転じ、0.34%安の1.2059ドル。英国立統計局(ONS)発表の7月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月比10.1%上昇。6月(9.4%上昇)から加速し1982年2月以来の高い伸びとなった。

ドル/円 NY終値 135.01/135.04

始値 134.96

高値 135.49

安値 134.80

ユーロ/ドル NY終値 1.0180/1.0183

始値 1.0174

高値 1.0202

安値 1.0146

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米金利先物、11月0.75%利上げ織り込む PCE

ビジネス

英首相・財務相、財政計画発表の前倒しは行わず 予算

ワールド

プーチン大統領、ウクライナ4州併合条約に署名 予測

ビジネス

英中銀、30日に11.95億ポンドの国債買い入れ 

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 9

    銃創の止血にはタンポン、兵舎はまるで収容所、戦わ…

  • 10

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 9

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中