ニュース速報

ビジネス

9月の米パーミアン盆地産油量、過去最高に 日量540万バレル超=EIA

2022年08月16日(火)11時50分

米エネルギー情報局(EIA)は15日公表のリポートで、同国最大のシェールオイル生産地で、テキサス州とニューメキシコ州にまたがるパーミアン盆地の9月の産油量が日量7万9000バレル増の540万8000バレルと、過去最高に達するとの見通しを示した。写真は同地の石油採掘現場、2019年11月撮影(2022年 ロイター/Angus Mordant)

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米エネルギー情報局(EIA)は15日公表のリポートで、同国最大のシェールオイル生産地で、テキサス州とニューメキシコ州にまたがるパーミアン盆地の9月の産油量が日量7万9000バレル増の540万8000バレルと、過去最高に達するとの見通しを示した。

国内の主要シェール層全体の9月の産油量は日量14万1000バレル増の904万9000バレルと、2020年3月以来の高水準になる見込み。

ノールダコタ州とモンタナ州にまたがるバッケン層の9月の産油量は日量2万1000バレル増の115万7000バレルと、21年11月以来の高水準の見通し。

テキサス州イーグルフォード層も日量2万6000バレル増の123万バレルと、20年4月以来の高水準が見込まれている。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

寄り付きの日経平均は反落、米株の下げを嫌気 半導体

ビジネス

仏経済、第4四半期はゼロ成長予想 見通し不透明=I

ワールド

メキシコ経済相が辞任、大統領のエネルギー政策巡り米

ビジネス

インフレ抑制が最優先事項=クリーブランド連銀総裁

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 4

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 5

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 6

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 7

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 10

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 1

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    ロシア軍の兵舎の様子は「イカゲーム」そっくりの悲…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中