ニュース速報

ビジネス

アルゼンチン新経済相、市場の懸念払拭図る ペソは急落

2022年07月05日(火)09時07分

7月4日、アルゼンチンのバタキス新経済相(写真)が就任し、前任のグスマン氏の突然の辞任で動揺が走る市場の沈静化を図った。ブエノスアイレスの大統領府で撮影(2022年 ロイター/Agustin Marcarian)

[ブエノスアイレス 4日 ロイター] - アルゼンチンのバタキス新経済相が4日就任し、前任のグスマン氏の突然の辞任で動揺が走る市場の沈静化を図った。経済相交代でポピュリズム(大衆迎合主義)的な政策が打ち出され、財政拡大につながるとの懸念が強まる中、通貨ペソの非公式レートは約8%急落した。

公職でキャリアを積んできたバタキス氏は中道左派のフェルナンデス政権の中でもポピュリズム的な政策を掲げる急進左派に近いと見られている。市場は、クリスティナ・フェルナンデス・デ・キルチネル副大統領が率いる急進左派が影響力を強め、財政規律が緩むことを恐れている。

ただ、バタキス氏は就任後初の発言機会に「財政均衡が必要だと考えており、われわれはその方向に進む必要がある」と強調した。

市場ではドル買いが優勢となり、ドル/ペソの非公式レートは260ペソと、公式相場(126ペソ)の2倍超に膨れた。アルゼンチンの株式および債券市場も下落した。

グスマン氏は国際通貨基金(IMF)との新たな金融支援協議をまとめるなど手腕を発揮してきた。

地元コンサルタント会社Portfolio Personal Inversionesは、バタキスは「キルチネル派」に従う可能性が高いとし、シティはグスマン氏のような「対抗勢力」にはならないと予想した。

モルガン・スタンレーのエコノミスト、フェルナンド・セダノ氏は「これは間違いなく、より非伝統的政策への移行である」と指摘した。

<^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

Argentina: currency split https://tmsnrt.rs/3zXEJ2y

Argentina: currency split (Interactive graphic) https://tmsnrt.rs/3HFqAsJ

UPDATE 5-Argentina's new economy chief sworn in, tries to calm nervous markets

中南米金融市場=アルゼンチンペソ急落、経済相の電撃辞任で

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^>

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

英当局、今冬のコロナとインフル「ツインデミック」警

ビジネス

米FRB、インフレ抑制による景気低迷望まず=SF連

ワールド

英財政計画、IMFが批判 中銀は「大幅な政策対応」

ワールド

ノルドストリームガス漏れ、破壊工作か 欧州が原因究

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 5

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 6

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 7

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 8

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 9

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 10

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中