ニュース速報

ビジネス

東芝問題を調査した弁護士、「一方的」との経産省批判に反論

2021年06月25日(金)00時17分

 6月24日 昨年7月の東芝株主総会について、株主から選任されて調査していた外部の弁護士は24日、調査報告書の内容は一方的とする経済産業省の主張に異議を唱えた。写真は閣議後に会見する梶山弘志経産相。6月15日、東京で撮影(2021年 時事通信)

山崎牧子 新田裕貴

[東京 24日 ロイター] - 昨年7月の東芝株主総会について、株主から選任されて調査していた外部の弁護士は24日、調査報告書の内容は一方的とする経済産業省の主張に異議を唱えた。調査報告書は、東芝と経産省が一体となり海外投資家の議決権行使に不当な圧力をかけたと結論付けている。

調査報告書は3人の弁護士が手掛け、10日に公表された。このうち和田倉門法律事務所の中村隆夫弁護士は24日、ロイターに対し、「客観的にいろいろな批判にも耐えうる形で信頼性の高いレポートを作った」と述べた。その上で、「調査報告書の信頼性が害されるような指摘については調査者として反論したい」と語った。

中村氏が指摘したのは、梶山弘志経産相が会見などで行った「一方的に断定されている」との発言。梶山氏は、米ハーバード大学の基金運用ファンドの議決権行使に影響を与えたなどと報告書で指摘された元経産省参与の水野弘道氏について、調査した弁護士と面談したにもかかわらず主張が反映されていないと批判した。ロイターも23日付の記事で、経産省幹部による同様の発言を引用した。

中村弁護士によると、面談内容を報告書に使いたい場合は記載内容をチェックすることで合意していた。同氏はM氏(報告書の中で言及されている水野氏とみられる人物)との面談後、同席していた仲介役の経産省幹部に発言の要旨をメールで送付。水野氏に転送して確認してもらいたいと依頼した。

しかし、この幹部から「面談の中でコメントを報告書に使わないでほしいとお願いしていた」、「全面的に再考してほしい」と言われ、取り次いでもらえなかった。面談の内容をそのまま報告書に記載して欲しくないとの意向が強いものと判断したという。

面談で聞き取りした発言の主旨は、M氏が公に発信している「ツイートなどを引用するなどの形でできるだけ反映させるようにした」としている。

ロイターは経産省に対し、同省幹部が水野氏に発言要旨のメモを渡さなかった理由を質問。荒井勝喜総括審議官は、「水野氏はもともと報告書に使われる前提で話をした」と説明。その上で、報告書にどう記載されるかを確認したいと伝えていたにもかかわらず、送られてきた水野氏の発言は議事録のメモだったとした。ハーバード大基金との個人的なやり取りも含まれていたという。

荒井氏は、調査者が「水野氏と約束したものは何も提示されなかった。これを水野氏に伝えてよいか確認を求めたが、その後連絡はなかった」と述べた。

中村弁護士はこれに対し、「掲載してほしくない事項や、認識に誤りがあり修正すべき点などがあれば指摘をしてほしいと伝えた」と語った。

*経産省のコメントを追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米FRB、経済活動はなお順調 支援策撤回に向けた議

ビジネス

華為やZTE、「米救済計画法」の適用除外を 上院議

ビジネス

米ロ、核軍縮協議再開 9月会合開催で合意=米国務省

ビジネス

米、連邦政府機関内でのマスク着用指示 コロナ感染拡

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 5

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 10

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中