ニュース速報

ビジネス

ホンダ、40年に新車全てをEVとFCVに 日本勢初の脱HV表明

2021年04月23日(金)19時09分

 4月23日、ホンダは2040年に販売する新車を全て電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)にする目標を発表した。写真はホンダのロゴ。ニューヨークで2018年3月撮影(2021年 ロイター/Shannon Stapleton)

[東京 23日 ロイター] - ホンダは23日、2040年に販売する新車を全て電気自動車(EV)と燃料電池車(FCV)にする目標を発表した。三部敏宏社長は会見で、売上高の増減にかかわらず今後6年間で総額約5兆円の研究開発費を投じることも明らかにした。世界的な脱炭素社会への流れを踏まえ、日本勢として初めて「脱HV」に踏み切る目標を掲げた。50年には全製品・企業活動を通じたカーボンニュートラルを目指す。

日本では、マンション住まいが多く自宅周辺での充電インフラ環境が整いにくい事情などもあり、エコカーとして、ガソリンエンジンとモーターを併用して走るHVの需要が高い。しかし、今後は徐々にその販売は減らし、EVとFCVの販売比率を30年に2割、35年には8割にまで高め、40年には100%とする。24年には軽自動車のEVを投入する。

三部社長は「車の保有期間は約10年。50年のカーボンニュートラル実現のためには、40年には新車から出るCO2(二酸化炭素)をゼロにしなければならない」と説明、それができるのは今ある技術ではEVとFCVしかないとの認識を示した。バッテリーなど課題は当然あるが、「まだ20年ある。これからまた新しい技術もできるだろう」と話し、目標を目指す中で「いろんなシナリオが出てくる」と語った。

北米では、24年に米ゼネラル・モーターズ(GM)と共同開発し、GMのEV向けバッテリー「アルティウム」を搭載した大型EVを2車種を発売する。ホンダが開発を主導した新EVプラットフォームを採用したモデルも20年代後半から順次、投入する。

中国については、19日に上海モーターショーで公表した通り、今後5年以内にホンダブランドの新型EVを10車種投入する。第一弾として、スポーツ多目的車(SUV)タイプのEVを22年春に発売する。

EVの高い商品競争力を維持するために研究開発を進めている次世代バッテリーの全固体電池については、20年代後半のモデルに採用できるよう今期に実証ラインでの生産技術の検証に着手するとした。

ホンダは16年、八郷隆弘前社長が30年をめどに新車販売の3分の2を電動車にする方針を表明。電動車の内訳は「FCVとEVで約15%、HVとプラグインハイブリッド車で50%以上」との表現にとどめていた。

*情報を追加し再構成しました。

(白木真紀 編集:橋本浩、田中志保)

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米FDA、ファイザーのワクチン接種対象年齢を12歳

ワールド

バイデン氏、適切な職あれば「働いて」 失業者に呼び

ビジネス

ドル2カ月半ぶり安値、インフレ観測が重し=NY市場

ビジネス

米国株はナスダック大幅安、インフレ懸念でグロース株

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 2

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 4

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが「ただの風邪症状を引き起こすウイルス…

  • 7

    激烈受験バトルを風刺し大ヒット!『SKYキャッスル』…

  • 8

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中