ニュース速報

ビジネス

ドル3カ月ぶり安値近辺、感謝祭控え=NY市場

2020年11月26日(木)07時16分

11月25日、 終盤のニューヨーク外為市場でドルは小幅安。写真はドル紙幣のイメージ。3月撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場でドルは小幅安。低調な米経済指標を受け、世界の金融市場ではリスクオンの動きが停滞しているもようだが、ドルは約3カ月ぶりの安値近辺で推移した。

米労働省が25日に発表した11月21日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は77万8000件と、2週連続で増加した。新型コロナウイルス感染再拡大や一連の制限措置を背景にレイオフが増加し、労働市場の回復を阻害している可能性を示唆した。

また、この日発表された他の指標では、10月の個人消費支出と設備投資が予想を上回り、第4・四半期が堅調なスタートを切ったことが示された。

アクション・エコノミクスのグローバル通貨分析担当マネジングディレクター、ロナルド・シンプソン氏は、「きょうの米指標はドルにはほとんど影響を与えず、トレーダーは感謝祭前のポジション調整に集中していたようだ」と述べた。

ドル指数は0.14%安の91.999。一時は91.927まで下落し、9月1日以来の安値を記録した。

ドルはここ数カ月、米金利が今後数年間は歴史的な低水準にとどまるとの見方から圧力を受けているほか、新型コロナワクチンのニュースがリスク通貨の買いを後押ししている。

米連邦準備理事会(FRB)がこの日公表した11月4─5日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、市場や経済に一層の支援を提供するため、資産購入プログラムをどのように調整できるかについて討議されたことが分かった。

ワクチン開発が進んでいること、イエレン前FRB議長が次期米財務長官に起用されるとみられていることから、投資家にとって2つの大きな不確実性が和らぎ、ドルは下落を続けると予想されている。

英ポンドは小幅高。スナク英財務相はこの日、4月に始まった2020/21会計年度の政府借入金が3940億ポンド(5260億ドル)になると明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大への対応に費用がかさむためで、財政赤字は第2次世界大戦以降で最悪の水準に膨らむ。

暗号資産(仮想通貨)のビットコインは、2017年12月に付けた最高値1万9666ドルをやや下回る1万9049.13ドルまで上昇した。

ドル/円 NY終値 104.45/104.48

始値 104.49

高値 104.51

安値 104.27

ユーロ/ドル NY終値 1.1913/1.1916

始値 1.1880

高値 1.1926

安値 1.1883

(表はリフィニティブデータに基づいています)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

NZ、隔離終了後の帰国者は南ア変異種に感染=コロナ

ビジネス

サウジ政府系ファンド、5年で資産倍増し1.07兆ド

ワールド

訂正-NZで数カ月ぶりの市中感染か、隔離期間終了女

ワールド

中国、外国船舶への武器使用を許可 全人代が法案可決

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 2

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプをドローンが狙う画像掲載

  • 3

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎えた対コロナ戦争【コロナ緊急連載】

  • 4

    バイデン、分断の厳しさにさっそく直面 テキサス州「…

  • 5

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 6

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

  • 7

    「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

  • 8

    日本食を芸術へと高める「ワサビ」の里 山と海をつ…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 7

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!