ニュース速報

ビジネス

村田製、営業利益予想を上方修正 スマホ・自動車が回復

2020年10月30日(金)17時55分

 村田製作所は30日、2021年3月期の連結営業利益(米国基準)予想を前年比1.3減の2500億円に上方修正した。写真は同社のロゴ、2017年10月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 30日 ロイター] - 村田製作所<6981.T>は30日、2021年3月期の連結営業利益(米国基準)予想を前年比1.3%減の2500億円に上方修正した。スマートフォン向けや自動車向け需要の回復、「巣ごもり」需要の拡大で売上高が当初想定を上回る見込みとなった。リフィニティブがまとめたアナリスト予想の平均は2319億円。

会見した村田恒夫会長は「上半期の中でも期待以上に早く、スマホ、車関係の需要は回復に向かっていると感じている」と述べた。売上高予想は同2.9%減の1兆4900億円に上方修正。生産高の増加に伴う操業度益の発生で、営業利益も当初想定を上回る見込みとなった。4―9月の受注高は4750億円で過去最高となった。

第5世代(5G)端末市場の予想は、当初の2億4000万台から3億台に上方修正した。当初、前年比で10%減の12億4000万台とみていたスマホ市場は7%減の12億8000万台に、自動車市場は20%減の6700万台を15%減の7100万台に、それぞれ予想を上方修正した。5G基地局向け部品は、4月の想定に比べ需要が弱含んでいるという。一部の基地局メーカーの開発が遅れていることなどが背景という。

米政府による中国・華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]への輸出規制は「他のセットメーカーの需要がカバーし、あまり大きな影響はない」(村田会長)とした。ファーウェイとも「米規制を守った内容でのビジネスはさせてもらっている」としたが、取引量はごくわずかとみられる。

来年度以降も5Gに関連した需要や、自動車の電装化に伴う部品搭載点数の増加が期待できるとして、設備投資計画は2000億円で据え置いた。下期の為替レートは1ドル105円、1ユーロ122円と想定する。年間配当予想は1株あたり110円で据え置いた。

20年4―9月期の営業利益は前年同期比8.3%増の1315億円だった。製品価格の値下がりや為替変動の影響などの減益要因はあったが、生産高増加に伴う操業度益や前期に計上した減損損失の反動による固定費の減少などの増益要因があった。

売上高は同1.2%減の7520億円だった。主力製品の積層セラミックコンデンサー(MLCC)がPC向けや基地局向けで堅調だったが、車載向けで落ち込んだほか、樹脂多層基板やリチウムイオン二次電池がスマートフォン向けで減少した。

*内容を追加しました。

(平田紀之 編集:田中志保)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

コロナ影響注視、必要なら特別プログラム期限延長=雨

ワールド

原油先物は下落、米在庫の増加やOPECプラス会合延

ビジネス

シャオミ、株式売却などで39億ドルを調達

ワールド

ノルウェー、6月から実施の原油量削減を年末で終了

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す研究結果

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 6

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 7

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 8

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 9

    アメリカ中西部にコロナ感染の大波 医療現場は崩壊…

  • 10

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 10

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!