ニュース速報

ビジネス

米企業在庫、8月は0.3%増 2カ月連続プラス

2020年10月17日(土)02時44分

米商務省が16日に発表した8月の企業在庫は前月比0.3%増と2カ月連続で伸びた。写真は2018年12月撮影(2020年 ロイター/Richa Naidu)

[ワシントン 16日 ロイター] - 米商務省が16日に発表した8月の企業在庫は前月比0.3%増と2カ月連続で伸びた。第3・四半期は貿易赤字の拡大が経済成長の伸びを抑制する見込みだが、在庫がその影響を和らげる可能性を示唆した。市場予想は0.4%増だった。

7月の企業在庫は0.1%増だった。6月まで6カ月連続でマイナスとなっていた。

8月は小売在庫が0.4%増。先月発表された速報値の0.8%増から下方改定された。7月は1.2%増加していた。

自動車は0.3%増。速報値は0.6%増だった。国内総生産(GDP)算出に用いられる自動車を除く小売在庫は0.5%増。速報値は0.9%増だった。

在庫の減少が一因で第2・四半期GDPは年率31.4%減と過去最大の落ち込みを記録した。在庫はGDPを3.5%ポイント押し下げる方向に働いた。1988年第1・四半期以来の大幅な押し下げ幅だった。在庫は5四半期連続でGDPの押し下げ要因となっている。米経済は2月に景気後退(リセッション)入りした。

企業は輸入することで在庫を再び積み上げている。貿易赤字は8月に過去最高水準を付けた。大半の輸入品は在庫補充に充てられており、モノの貿易赤字は第3・四半期GDPをやや押し下げる方向に働くとみられる。貿易は過去3四半期、GDPの押し上げ要因だった。

卸売在庫は0.4%増。製造業在庫は横ばいだった。

企業売上高は0.6%増。7月は3.4%増加していた。8月の販売ペースに基づく在庫解消に必要な期間は1.32カ月。7月は1.33カ月だった。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米コロナ感染者、先週は13%増の39.3万人 夏の

ビジネス

物価上昇容認、雇用目標達成を支援=フィラデルフィア

ビジネス

FRBは当面政策維持、経済完全回復に時間=アトラン

ワールド

通商交渉、EU姿勢に変化なければ再開できず=英首席

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

  • 3

    日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差別表現

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

  • 6

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 7

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 8

    中国の傲慢が生んだ「嫌中」オーストラリア

  • 9

    中国政府、国内の米国人を拘束する可能性警告 米司…

  • 10

    トランプを批判し「狙われた」美人知事のさらなる受難

  • 1

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 2

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 3

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 4

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 5

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 6

    ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

  • 7

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    ネコにゆっくりと瞬きすると、ネコもゆっくりと瞬き…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!