ニュース速報

ビジネス

アジア株式市場サマリー(12日)

2020年08月12日(水)19時59分

[12日 ロイター] - 中国株式市場は続落。世界的に市場センチメントが冷え込んだことや、中国の銀行融資減少を示す統計が重しとなった。

アジア市場全般が下げたことや、米国の景気対策の先行きに対する不透明感から、前場の中国株市場は大きく下げた。ただ後場には売り圧力は和らいだ。

中国人民銀行(中央銀行)が発表した7月の新規人民元建て融資は9927億元(1428億2000万ドル)となり、6月の1兆8100億元から減少。予想の1兆2000億元も下回った。 このところの融資状況について、東莞証券のアナリストはレポートで「政策の方向性は引き続き安定的であることを示し、一段の金融緩和期待は抑制されている」と指摘した。

上海取引所で取引されたのは約378億3000万株。前営業日の400億5000万株を下回った。

香港株式市場は上昇。約3週間ぶりの高値に値上がりした。引けにかけて他のアジア市場が下げ渋ったことが背景。大型金融株が上昇を主導した。

ハンセン金融指数<.HSNF>は1.96%高。ハンセン不動産指数<.HSNP>は2.18%高。ハンセン中国企業エネルギー指数<.HSCIE>は0.98%高。

ハンセンテック指数<.HSTECH>は1.7%下げた。

銀行株は米国債利回りの上昇を受けて世界的に上昇した。サクソ・キャピタル・マーケッツのシニア・マーケット・アナリスト、エディソン・パン氏は、香港の銀行株について、米中関係の緊張で他の市場に出遅れていると指摘した。利回りの上昇でショートカバーが入ったという。

ソウル株式市場は8営業日続伸して引けた。新型コロナウイルスのワクチン供給や景気回復への期待感が、米刺激策をめぐる懸念を上回った。

総合株価指数(KOSPI)<.KS11>は2018年6月12日以来の高値で終了した。

ロシアのプーチン大統領は11日、同国は世界で初めて新型コロナウイルスのワクチンを承認したと明らかにした。臨床試験(治験)は2カ月足らずだった。

韓国の7月失業率は2カ月連続の低下だった。企業の業況感がコロナ危機の影響から改善した。

ただ米国の追加経済対策をめぐる政治的な停滞への懸念が上値を抑えた。

外国人投資家は1757億ウォン(約1億4826万)ドル相当の売り越し。

シドニー株式市場は反落して引けた。鉱業や産金株の下げが重しだった。

オーストラリアの4─6月期の賃金価格指数は過去最低の伸び。8月の消費者信頼感指数も大幅な悪化だった。

資源大手BHPグループとフォーテスキュー・メタルズ・グループ、リオ・ティントは鉄鉱石価格の急落を背景にいずれも0.7─1.4%安。

産金株指数<.AXGD>は4%超下落。ドル高を背景に金価格の下落が続いている。ニュークレスト・マイニングが3.2%安。

コモンウェルス銀行は0.5%安。同社の通期決算では現金ベースの純利益が前年比11%減で、年間配当を大幅に削減した。

四大銀行の他3行はいずれも2─2.3%上昇だった。

(リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

英でコロナ制限再導入、飲食店の営業時間制限 在宅勤

ビジネス

ECB、来年からグリーン債を担保に受け入れ 購入資

ビジネス

新型コロナ感染増、英経済見通しの脅威=中銀総裁

ビジネス

独経済、今年は5.2%縮小へ 従来予想を上方修正=

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 4

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 5

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 6

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 7

    過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

  • 8

    ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

  • 9

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 10

    ペンスの元部下が怒りの内部告発「トランプはアメリ…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

  • 10

    習近平vs李克強の権力闘争が始まった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!