ニュース速報

ビジネス

新型コロナで農産物価格急落も、国連機関など「ショック」警告

2020年07月17日(金)02時00分

国連食糧農業機関(FAO)と経済協力開発機構(OECD)は16日、新型コロナウイルスの感染拡大により世界経済が景気後退に陥る中、食糧消費の減少が農産物価格の急落という「市場ショック」を引き起こす恐れがあるとの見解を示した。オクラホマ州ベシーで昨年6月撮影(2020年 ロイター/NICK OXFORD)

[パリ 16日 ロイター] - 国連食糧農業機関(FAO)と経済協力開発機構(OECD)は16日、新型コロナウイルスの感染拡大により世界経済が景気後退(リセッション)に陥る中、食糧消費の減少が農産物価格の急落という「市場ショック」を引き起こす恐れがあるとの見解を示した。

新型コロナ危機の中でも食糧生産量は総じて安定しており、農産物市場では在庫が過剰に積み上がり、相場が下がる恐れがあると指摘。

「新型コロナのパンデミック(世界的大流行)が引き起こしたマクロ的な経済ショックにより、農産物の価格に押し下げ圧力がかかるとみられる」とし、今年は「歴史的に大きな市場ショック」が起きる可能性があると懸念した。

植物油と動物由来の産品の方が、米や小麦などの主要生産物よりも打撃が大きいとした。

今回の見通しは、OECDとFAOが公表した2020─2029年の農業見通しの一部で、新型コロナが農産物市場に与え得る影響について両機関が分析を公表するのは初めて。

新型コロナはすでに農産物を押し下げる要因となっている。レストランが営業を停止して燃油消費が減る中、米トウモロコシ価格は10年ぶりの安値に落ち込んだ。

封鎖措置が緩和される中で一部の商品価格はここ数週間で持ち直したが、FAOとOECDは短期的な見通しは依然不透明だと警告した。

OECDのグリア事務総長はオンラインで実施した記者会見で、「市場は最初のショックをうまく乗り切った」とする一方で、「発展途上国でウイルスが拡大する中では、気を緩める余裕はない」と語った。

新型コロナの影響で不透明感が漂うものの、OECDとFAOは20─29年の農産物価格について、実質ベースで小幅に下落する基本シナリオに徐々に戻るとの見方を示した。

市場が中国のアフリカ豚熱(ASF)のまん延から持ち直す中で、豚肉を中心とした食肉価格はより大きく下落するとみられるという。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

モーリシャス座礁船、船内に残る油の回収ほぼ完了=長

ビジネス

テンセント、投資顧問サービスに進出 アリババに対抗

ワールド

中国、対米協議でウィーチャットとTikTok取り上

ビジネス

JFE、今期1000億円の事業損失予想 来期鉄鋼事

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

  • 10

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 10

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!