ニュース速報

ビジネス

アジア株式市場サマリー:引け(16日)

2020年07月16日(木)20時09分

[16日 ロイター] - 東南アジア株式はまちまちで引けた。タイではウッタマ財務相らの閣僚辞任を受け、バンコク市場のSET指数は0.48%安。今回の辞任は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)に伴う不安定な経済を支えるため、タイ政府が58億ドル規模の経済刺激策を実施すると決めたタイミングで起きた。投資家もタイ中央銀行の次期総裁が誰になるのか注目していた時だった。

プラユット首相は、来月までに内閣改造を行う考えを示した。以前は、9月になると話していた。英スタンダード・チャータード銀行のエコノミストは「政治的な雑音は、消費者や企業のセンチメントにとって良い前兆ではない」と指摘した。

マニラ市場では優良株に買いが集まった。主要株価指数PSEiは2.18%高で引けた。前日は急落していた。ホテル開発などを手掛けるブルームベリー・リゾーツが12.48%高、ファースト・ジェンが6.28%高、不動産のメガワールド・コープが5.33%高。

中国株式市場は大幅続落し、CSI300指数の下げ幅は5カ月強ぶり大きさとなった。第2・四半期の国内総生産(GDP)が市場予想を上回り、政策引き締められるとの見方から売りが加速した。

上海総合指数<.SSEC>終値は151.2058ポイント(4.50%)安の3210.0986。

上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数<.CSI300>終値は228.216ポイント(4.81%)安の4516.253。2月3日以来の大幅な下落となった。

深セン証券取引所の新興企業向け市場「創業板(チャイネクスト)」総合指数<.CNT>は5.9%安とこちらも下落率が2月3日以来の大きさだった。

アナリストによると、中国株は景気回復を織り込み過去2週間で急伸したことから投資家は利益確定に動いた。外国人投資家も米中関係の悪化を懸念して売りに回ったという。

DBS銀行のエコノミスト、ネイサン・チョウ氏は「今後も景気を下支えするが政策が取られるが、過去数カ月の強力な信用の伸びや最近の(株式)市場の急上昇を踏まえて(金融)緩和ペースは緩やかになる可能性がある」との見方を示した。

中国銀河証券のアナリスト、フー・ヤンピン氏は中国の金融政策について、緩和の方向は変わらないが、わずかに引き締めが行われていると述べた。

中国政府系のファンドや大株主による企業への出資比率引き下げや、中国本土と香港の相互取引を通じた大規模な資金流出も地合いの悪化につながったという。

また西部証券のアナリストは違法な信用取引の摘発など、株式市場へのホットマネーの流入を抑制するための取り組みを強化する兆候が見られると指摘した。

香港株式市場も大幅下落。中国の政策引き締めへの懸念で約1カ月ぶりの大幅下落となった。

ハンセン指数<.HSI>終値は510.89ポイント(2.00%)安の2万4970.69。

ハンセン中国企業株指数(H株指数)<.HSCE>終値は256.62ポイント(2.47%)安の1万0133.92。

シドニー株式市場は反落して引けた。オーストラリア国内の失業率が悪化し、22年ぶりの高水準となったことが嫌気された。また、一部の州では新型コロナウイルス感染者数が増加しており、さらに急増する可能性が高くなったことが材料視された。

豪統計局が発表した6月の失業率は7.4%となり、5月の7.1%から上昇した。1998年11月以来の高水準。労働者が再就職の際、正規雇用の仕事を見つけられない状況にあることが背景にある。

ANZの上級エコノミスト、キャサリン・バーチ氏は顧客向けノートで「国全体の雇用回復は想定よりも遅くなる可能性がある。消費者と企業の景況感は下落し、需要はより脆弱(ぜいじゃく)で、企業も雇用に対してより慎重になっている」と分析。さらに「メルボルンの労働者は最悪だと感じているだろう。ビクトリア州も影響を受けるだろう」と指摘した。

もし感染拡大を早急に抑えることができなければ、人口の多いニューサウスウェールズ州とビクトリア州では、より厳格な制限措置を実施される見通し。

 産金株指数<.AXGD>は金価格の下落を受け1.6%安。ダシアン・ゴールドが6.1%安、エメラルド・リソーシズが4.9%安だった。

ソウル株式市場は反落して引けた。米中対立の激化や中国の経済指標が弱い内容だったことが響いた。一方、韓国銀行(中央銀行)は政策金利を据え置いた。  

ポンペオ米国務長官は15日、米政府は中国企業に対してビザ(査証)制限を実施すると表明した。トランプ政権は短編動画アプリ「TikTok(ティックトック)」や中国版LINE「微信(ウィーチャット)」が安全保障上のリスクだとして、制裁を実施するとみられている。  

中国国家統計局の発表によると、年初に低迷した中国の経済成長は4─6月期に回復した。しかし、国内消費や投資は引き続き弱い状況で、一段の政策支援が必要であることを明確にした。  

韓国銀行は政策金利の据え置きを決めた。据え置きは市場の予想通り。当局が不動産価格の過熱抑制に動く中、追加の刺激策は見送られた。

外国人投資家は1333億ウォン(約1億1058万ドル)相当の売り越し。  

出来高は7億7482万株。取引された901銘柄のうち、403銘柄が上昇した。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に団結する中東諸国

  • 4

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 5

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 6

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 7

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 8

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 9

    バットマンに乳首を付けた男の生き様

  • 10

    日本人の親による「子供連れ去り」にEU激怒──厳しい…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 6

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 7

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 8

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 9

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 10

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!