ニュース速報

ビジネス

米、新型コロナ死者13万人突破 NY知事らトランプ氏対応を批判

2020年07月07日(火)02時52分

米国の新型コロナウイルス感染症による死者が6日、13万人を超えた。経済再開に向けた動きに伴い国内の感染者は急増し、300万人に迫っている。ニューヨークで1日撮影(2020年 ロイター/LUCAS JACKSON)

[6日 ロイター] - 米国の新型コロナウイルス感染症による死者が6日、13万人を超えた。経済再開に向けた動きに伴い国内の感染者は急増し、300万人に迫っている。

ロイターの分析によると、感染者数は国内39州で増加している。今月に入り国内16州で1日当たりの新規感染者数がこれまでの最多を更新。フロリダ州では1日当たり1万1000人と、流行が極めて深刻だった時期に欧州各国が記録した感染者数を大きく上回る。

死者数も少なくとも5州で増加に転じている。アリゾナ州では6月後半の2週間で449人が死亡し、前半2週間の259人から増加。感染者数は6月全体で300%急拡大し、国内最悪の増加率を記録した。

トランプ大統領は週末、明確な証拠を示すことなく、米国内のコロナ感染の99%は「全く無害」と主張。コロナ感染が深刻なテキサス州オースティンのアドラー市長はCNNに対し、大統領の発言は「混乱を招き、危険なメッセージ」と批判した。

メドウズ大統領首席補佐官は、トランプ大統領はコロナ感染症による死者を軽視しているわけではないと擁護。「統計を見れば、あなた方や私、私の子どもや孫が直面しているリスクが分かるはずだ。大統領は統計を適切に見極めるべきよう呼び掛けているだけだ」と述べた。

ニューヨーク州のクオモ知事は「新型コロナが存在すること、大きな問題であること、そしてわれわれがこの問題を認識してそれぞれが自分の責任を果たすまで状況が続くことをトランプ大統領は公に認めるべきだ」とし、「大統領は新型コロナの共謀者になるべきではない」と強調した。

さらに、国内の感染者増は検査拡大が要因であるとか、ウイルスは気温上昇とともに消滅するといったトランプ大統領の発言について「いずれも真実ではない。国民がトランプ大統領の発言を信じたため、約38州が問題に直面する事態となっている」と批判した。

米疾病対策センター(CDC)の試算によると、7月25日までに米国内の新型コロナ感染症による死者は14万─16万人に達する見通し。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

中国、新型コロナ巡るアザー氏の批判を一蹴 「訪台は

ワールド

モーリシャス座礁船、燃料油の抜き取りほぼ完了=長鋪

ワールド

新型コロナワクチン安全性への懸念、根拠に欠ける=ロ

ビジネス

英経済に「明るい兆し」、雇用維持制度の延長に反対=

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 2

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 3

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

  • 10

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 7

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 8

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 9

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 10

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!