ニュース速報

ビジネス

2020年路線価、全国平均+1.6%に伸び拡大 上昇は5年連続

2020年07月01日(水)12時36分

7月1日、国税庁が発表した2020年分の路線価(1月1日時点)は、全国平均で前年比1.6%上昇となり、19年の同1.3%上昇から伸び率が拡大した。都内で2017年1

[東京 1日 ロイター] - 国税庁が1日発表した2020年分の路線価(1月1日時点)は、全国平均で前年比1.6%上昇となり、19年の同1.3%上昇から伸び率が拡大した。前年比でのプラスは5年連続だが、新型コロナウイルスの感染拡大で経済・社会構造に変化が生じ、今年は地価が大幅に下落する可能性がある。国税庁は、地価調査などを踏まえ10月以降、路線価の減額修正を含む対応の要否を検討する。

47都道府県のうち、前年比で上昇したのは21都道府県で、昨年の19都道府県から増えた。このうち沖縄県は10.5%上昇と、前年に続いて全国で最も高い上昇率を記録した。一方、下落は26県で、昨年の27県から減少した。横ばいはなかった。

沖縄県に次いで上昇率が高かったのは東京都で5.0%上昇。宮城県と福岡県がぞれぞれ4.8%上昇、北海道が3.7%上昇で続いた。

都道府県庁所在地の最高路線価をみると、上昇は38都市と前年の33都市から増えた。下落は水戸市のみで、横ばいが8都市。路線価のトップは引き続き東京都中央区の銀座中央通りで、1平方メートル当たりで4592万円だった。

路線価は、相続税や贈与税の税額算定の基準となる。毎年1月1日を評価時点に時価の80%程度で算定して1年間使用するが、今年は新型コロナの影響などにより地価が年の途中で大幅に下落する可能性が出ている。例年9月に国土交通省が発表する都道府県地価調査を踏まえ、国税庁も地価調査を行い、広範な地域で地価が大幅に下落し路線価が地価を上回る状況になった場合は、路線価の減額補正や申告期限の延長などを検討する。こうした特別対応はバブル崩壊後やリーマン・ショック後も行っておらず、実現すれば初めてのことになる。

*写真のキャプションを修正しました。

= 都道府県庁所在地都市の最高路線価 =

= 1平方メートル当たり、単位万円、カッコ内は前年比上昇率 =

1:東京都中央区銀座5丁目 銀座中央通り         4592( 0.7%)

2:大阪市北区角田町 御堂筋               2160(35.0%)

3:横浜市西区南幸1丁目 横浜駅西口バスターミナル前通り 1560(34.5%)

4:名古屋市中村区名駅1丁目 名駅通り          1248(13.0%)

5:福岡市中央区天神2丁目 渡辺通り            880(11.8%)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米失業保険申請、130万件に微減も予想超え 高水準

ビジネス

ECB理事会後のラガルド総裁発言要旨

ビジネス

日産の4ー12月世界生産計画、前年同期比3割減=関

ビジネス

ECB、コロナ向け資産買取枠を全額利用へ 政策変更

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナ新規感染286人で過去最多を更新 「GoToトラベル」は東京除外で実施へ

  • 2

    韓国は「脱日本」の成功を強調 日本の輸出規制から1年、その実態は?

  • 3

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染

  • 4

    中国に不可欠な香港ドル固定相場制度、米国と対立で…

  • 5

    香港「一国二制度」の約束をさっさと反故にした、中…

  • 6

    大学「替え玉入学」で人生を盗まれた中国下層階級の…

  • 7

    香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

  • 8

    「BCGは新型コロナによる死亡率の軽減に寄与している…

  • 9

    東京都、15日の新型コロナ感染165人 警戒レベル最高…

  • 10

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 3

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失ったもの

  • 4

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 5

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 8

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 9

    香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

  • 10

    韓国は「脱日本」の成功を強調 日本の輸出規制から1…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!