ニュース速報

ビジネス

米エアビー、銀行と10億ドル融資枠延長を協議 業績回復には自信

2020年03月26日(木)13時14分

米民泊仲介大手エアビーアンドビーは25日、金融機関との電話会合を行い、現在の10億ドルの融資枠を延長する方向で協議した。写真は19日撮影。(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

[サンフランシスコ 25日 ロイター] - 米民泊仲介大手エアビーアンドビーは25日、金融機関との電話会合を行い、現在の10億ドルの融資枠を延長する方向で協議した。会合に参加した関係筋が明らかにした。

現在の融資枠は、2016年にJPモルガン、シティグループ、モルガン・スタンレー、バンク・オブ・アメリカなどが主導で合意したもの。

関係筋によると、同社が融資枠を使用したことはない。期限は残り1年あるが、適切な時期まで延長したい意向だという。

同社は昨年9月、2020年に新規株式公開(IPO)を実施する計画を明らかにしている。新型コロナウイルスの感染拡大が起きるまでは、2020年の調整後の利払い・税・償却前利益(EBITDA)について、損益均衡または黒字化を見込んでいた。

関係筋によると、同社は金融機関との協議で、2021年初めには予約件数が2019年の水準を回復するとの試算を示したという。ビジネスモデルの耐性を示す内部資料として、2017年9月に大型ハリケーン「マリア」が襲ったプエルトリコで、その後1─2年程度で宿泊提供元の件数が劇的に回復した例を提示した。

新型ウイルス感染拡大の影響がある中でも、同社には投資家から株式取得について多くの打診が寄せられているという関係筋もあった。

また同社は、政府による2兆ドル規模の新型コロナウイルス対策により、感染拡大で甚大な影響を受けている米国内の宿泊提供元は支援が得られる、との認識を示した。

経済対策が実施されれば、新型コロナウイルス陽性が判明した提供者などが失業支援を申請することが可能になる。また、運転資金などに小規模事業者向けの融資が利用できる。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

富士フイルム、新型コロナ治療で臨床試験開始 増産も

ビジネス

米フォード、北米工場の再開延期 新型コロナ巡る懸念

ビジネス

ANA、客室乗務員6400人の一時帰休で労組と合意

ワールド

中国、新型コロナ無症状感染者を公表へ 30日時点で

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 3

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官房長官、ネット上の噂を否定

  • 4

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 5

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 6

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    新型コロナ:「医療崩壊」ヨーロッパの教訓からいま…

  • 9

    ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

  • 10

    緊急公開:人類と感染症、闘いと共存の歴史(全文)

  • 1

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    韓国激震 常軌を逸した極悪わいせつ動画SNS「N番ル…

  • 5

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 6

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 7

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 8

    囚人コーチが教える最強の部屋トレ 自重力トレーニ…

  • 9

    新型肺炎で泣き面の中国を今度はバッタが襲う

  • 10

    新型コロナ対策、「日本式」の特徴と評価

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 4

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 5

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    やっぱり日本は終わりだ

  • 8

    ついに日本は終わった

  • 9

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

  • 10

    新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!