ニュース速報

ビジネス

中国PPI、11月は5カ月連続下落 豚肉高騰でCPIは8年ぶり高い伸び

2019年12月10日(火)15時22分

12月10日、中国国家統計局が10日発表した11月の生産者物価指数(PPI)は、軟調な需要や輸出の低迷が響いて5カ月連続で前年比で下落した。北京のスーパーで2018年1月撮影(2019年 ロイター/Jason Lee)

[北京 10日 ロイター] - 中国国家統計局が10日発表した11月の生産者物価指数(PPI)は、軟調な需要や輸出の低迷が響いて5カ月連続で前年比で下落した。一方、消費者物価指数(CPI)は食品の値上がりで約8年ぶりの大幅な上昇率を記録した。

11月のPPIは前年比1.4%低下。市場予想は1.5%低下、10月は1.6%低下だった。

11月のCPIは前年比4.5%上昇し、2012年1月以来の大幅な伸びを記録。アフリカ豚コレラの感染拡大による豚肉価格の急騰が主因で、上昇率は市場予想の4.2%、10月の3.8%をともに上回った。

ただ、食品とエネルギーを除外したコアインフレ率は前年比1.4%上昇と穏やかな伸びにとどまり、しかも10月の1.5%上昇から減速した。

交通銀行のアナリスト、Liu Xuezhi氏は「CPIの高い伸びは中国の金融政策に無論、影響を及ぼすが、大局的に見ると、広範囲なインフレ高進のリスクは見込んでいない。このため、現在の緩和バイアスがかかった金融政策に大きな影響は与えないだろう」と分析した。

一方、PPIの低下は、製造業活動に回復の兆しがあるものの、需要が引き続き弱いことを示した。

キャピタル・エコノミクスのシニア中国エコノミスト、ジュリアン・エバンズ・プリチャード氏は「需要サイドの価格押し上げ圧力が強まる兆しはほとんどない」と指摘。「PPIの構成要素である、食品を含む消費財の価格上昇は、工業製品の大幅な価格低下に完全に打ち消された」と述べた。

PPIを分野別でみると、石油・ガス精製や化学繊維製造部門が落ち込んだ。

中国は米国と「第1段階」の通商合意に向けて交渉を続けているが、主要な部分でなお溝がある。合意が成立したとしても、経済の減速は当面続くと予想され、政府高官からは2020年の成長目標を6%程度に引き下げるべきとの声も聞かれる。

中国政府は、市場金利や地方政府の特別債発行などの面から数々の景気支援策を打っている。しかし、過去に打ち出したような「洪水のような」大規模な景気対策には否定的だ。

<消費者物価は高止まり>

PPIとは対照的にCPIは大きく上昇。豚肉などの肉の価格高騰が続いているためだ。

豚肉の卸価格の騰勢は幾分和らいだものの、なお1年前の倍以上となっている。

アナリストは、豚肉消費が1年で最も高まる春節(旧正月)に向けて需要は高止まると予想する。前週、財政省は米国産豚肉・大豆の一部について追加関税を免除すると発表した。

経済成長が政府目標(6─6.5%)の下限に向けて減速するなかでの消費者物価の大幅上昇は、当局にとって悩ましい問題だ。

2019年のCPI上昇率の政府目標は約3%。1─11月は2.8%上昇だった。

ゴールドマン・サックスは最近のノートで、CPI上昇率が2020年初めに4─5%になる見込みだとして、来年の目標はこれまでの既定値の3%レベルから引き上げられるとの見方を示した。

*アナリストのコメントを追加しました

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

バイデン陣営、納税問題でトランプ氏への攻撃強める 

ワールド

アゼルバイジャン民族紛争激化、ロシアとトルコ巻き込

ビジネス

米経済、包摂性なければ完全に回復せず=クリーブラン

ワールド

米大統領、短時間コロナ検査キット1.5億個を州に配

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に送り返す」対策で対抗

  • 4

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 5

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 6

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    日本人のインスタ好きの背景に「英語が苦手な事実」…

  • 9

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 10

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!