ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏の広範な景気拡大は継続へ、リスクも拡大=ドラギECB総裁

2018年11月09日(金)14時12分

 11月8日、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、ユーロ圏の広範な景気拡大は継続する見通しだが、貿易摩擦や資産価格の上昇といったリスクも拡大しているとの認識を示した。写真は会見する同総裁。フランクフルトで10月に撮影(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ダブリン 8日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は8日、ユーロ圏の広範な景気拡大は継続する見通しだが、貿易摩擦や資産価格の上昇といったリスクも拡大しているとの認識を示した。

総裁はアイルランドでの議会公聴会で「一部セクターの指標や限られた調査の結果は予想よりも幾分弱めではあるが、入手可能な最新の情報はおおむね域内やアイルランドの広範な景気拡大が継続することを示している」と述べた。

量的緩和(QE)策を年末までに終了するとともに、少なくとも来年夏にかけて金利を過去最低水準に据え置く方針を確認する一方、政策ガイダンスは既定路線ではなく、見通しが悪化すれば変更は可能とした。

総裁は中銀の政策の範疇(はんちゅう)を超える種々の不透明要因が存在するとも指摘。「保護主義的な通商措置による影響はこれまでのところ非常に限られているかもしれないが、貿易摩擦の激化が信頼感を損ねている」と語った。また英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)や金融安定などの問題への注視が必要との見解を示した。

資産価格の上昇はユーロ圏全体に広がってはいないが、一部でリスクになっているとも指摘。これらのリスクへの対応策として金融政策は適切ではないとの見方を示した。

総裁は、インフレの先行きを見通すのに重視されている名目賃金の伸びについて、徐々に改善しており、恒久的要因が多くを占めるようになったと指摘。

「ここ6─12カ月のデータは賃金が徐々に上向いていることを示している。一時的要因もあるが、恒久的要因の影響が大きくなっている」と語った。

ECBのフォワードガイダンスについては「多くの選択の余地を確保している」と説明。「状況が悪化するならば常に期間を長くすることが可能で、入手した情報に適合する形でフォワードガイダンスを変更することは常に可能だ」と述べた。

また、量的緩和策を終了しても、別の複数の経路で景気を引き続き刺激することから、国債利回りの上昇を引き起こすことは予想していないと述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 2

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である理由【世界が尊敬する日本人】

  • 3

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 4

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 5

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 6

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    「人間の肥料化」が合法化されそう、何それ?

  • 9

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結…

  • 10

    避妊薬の服用法にバチカンへの「忖度」があった!?

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!