ニュース速報

ビジネス

米3月PPI0.3%上昇、予想上回る 食品・医療費が値上がり

2018年04月11日(水)01時01分

4月10日、3月の米卸売物価指数は前月比0.3%上昇と、市場予想の0.1%上昇を上回った。写真は2015年9月、ニューヨーク証券取引所前で撮影(2018年 ロイター/Carlo Allegri)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米労働省が10日発表した3月の卸売物価指数(PPI、最終需要向け財・サービス)は前月比0.3%上昇と、市場予想の0.1%上昇を上回った。

医療費や食料品が値上がりし、全体水準を押し上げた。卸売物価圧力が安定的に増していることを示した。

2月は0.2%上昇していた。

3月の前年同月比は3.0%上昇。市場予想は2.9%上昇だった。2月は2.8%上昇していた。

食品とエネルギー、貿易サービスを除いたコア物価は前月比0.4%上昇した。3カ月連続で0.4%上昇している。前年同月比は2.9%上昇と、2014年8月以来の大幅な伸びとなった。2月は2.7%上昇していた。

キャピタル・エコノミクスの首席米国エコノミスト、ポール・アシュウォース氏は「卸売物価に対する上昇圧力は間もなく消費者物価押し上げにつながり、米連邦準備理事会(FRB)が年内あと3回の利上げを後押しする可能性がある」と語った。

卸売物価が広範な項目にわたり上昇したことは、今年は物価全体が上昇ペースを上げるとの見方を後押しする。労働市場の引き締まりとドル安、1兆5000億ドル規模の減税政策、財政出動を背景に物価は今年、米連邦準備理事会(FRB)が目標とする2%に達するとエコノミストらはみている。

FRBが物価の目安として注目している個人消費支出(PCE)のコア物価指数は2月に前年同月比で1.6%上昇した。それまでは4カ月連続で1.5%上昇にとどまっていた。

FRBは3月に金利を引き上げ、年内にあと2回利上げする見通しを示した。

PPIの前月比の内訳は、サービスが3カ月連続で0.3%上昇。サービスは3月にPPIの上昇要因の70%を占めた。病院外来費が0.4%上昇したことがサービスの主な値上がり要因だった。医療費全体は0.3%上昇。医療費はコアPCE物価指数の算出に組み込まれる。

そのほか、航空運賃やケーブルテレビと衛星放送加入費用も上がった。

モノは0.3%上昇し、2月の0.1%下落からプラスへ転じた。食品が2.2%上昇と、14年4月以来の大幅な伸びとなり、モノの物価を押し上げた。食品は前月まで3カ月連続で落ち込んでいた。食品の中でも未加工の魚と鶏肉、卵、そして生鮮・乾燥野菜の値上がりが目立った。

一方、衣料や靴、無線通信サービスは値を下げた。

ガソリン価格は3.7%下落。2月は1.6%下落していた。

FTNフィナンシャルの首席エコノミスト、クリス・ロー氏は「今回確認された物価上昇圧力は、第1・四半期にみられた堅調な世界経済成長の伸びと過去16カ月のドル安を一部反映した」と指摘。同時に「いずれにせよ、卸売物価が上昇基調にあることに疑いの余地はない」との認識を示した。

*内容を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    連続爆発テロ:スリランカはなぜ狙われたのか

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!