ニュース速報

ビジネス

米3月PPI0.3%上昇、予想上回る 食品・医療費が値上がり

2018年04月11日(水)01時01分

4月10日、3月の米卸売物価指数は前月比0.3%上昇と、市場予想の0.1%上昇を上回った。写真は2015年9月、ニューヨーク証券取引所前で撮影(2018年 ロイター/Carlo Allegri)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米労働省が10日発表した3月の卸売物価指数(PPI、最終需要向け財・サービス)は前月比0.3%上昇と、市場予想の0.1%上昇を上回った。

医療費や食料品が値上がりし、全体水準を押し上げた。卸売物価圧力が安定的に増していることを示した。

2月は0.2%上昇していた。

3月の前年同月比は3.0%上昇。市場予想は2.9%上昇だった。2月は2.8%上昇していた。

食品とエネルギー、貿易サービスを除いたコア物価は前月比0.4%上昇した。3カ月連続で0.4%上昇している。前年同月比は2.9%上昇と、2014年8月以来の大幅な伸びとなった。2月は2.7%上昇していた。

キャピタル・エコノミクスの首席米国エコノミスト、ポール・アシュウォース氏は「卸売物価に対する上昇圧力は間もなく消費者物価押し上げにつながり、米連邦準備理事会(FRB)が年内あと3回の利上げを後押しする可能性がある」と語った。

卸売物価が広範な項目にわたり上昇したことは、今年は物価全体が上昇ペースを上げるとの見方を後押しする。労働市場の引き締まりとドル安、1兆5000億ドル規模の減税政策、財政出動を背景に物価は今年、米連邦準備理事会(FRB)が目標とする2%に達するとエコノミストらはみている。

FRBが物価の目安として注目している個人消費支出(PCE)のコア物価指数は2月に前年同月比で1.6%上昇した。それまでは4カ月連続で1.5%上昇にとどまっていた。

FRBは3月に金利を引き上げ、年内にあと2回利上げする見通しを示した。

PPIの前月比の内訳は、サービスが3カ月連続で0.3%上昇。サービスは3月にPPIの上昇要因の70%を占めた。病院外来費が0.4%上昇したことがサービスの主な値上がり要因だった。医療費全体は0.3%上昇。医療費はコアPCE物価指数の算出に組み込まれる。

そのほか、航空運賃やケーブルテレビと衛星放送加入費用も上がった。

モノは0.3%上昇し、2月の0.1%下落からプラスへ転じた。食品が2.2%上昇と、14年4月以来の大幅な伸びとなり、モノの物価を押し上げた。食品は前月まで3カ月連続で落ち込んでいた。食品の中でも未加工の魚と鶏肉、卵、そして生鮮・乾燥野菜の値上がりが目立った。

一方、衣料や靴、無線通信サービスは値を下げた。

ガソリン価格は3.7%下落。2月は1.6%下落していた。

FTNフィナンシャルの首席エコノミスト、クリス・ロー氏は「今回確認された物価上昇圧力は、第1・四半期にみられた堅調な世界経済成長の伸びと過去16カ月のドル安を一部反映した」と指摘。同時に「いずれにせよ、卸売物価が上昇基調にあることに疑いの余地はない」との認識を示した。

*内容を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!