ニュース速報

ビジネス

アングル:FRB、2月雇用統計で利上げ加速は遠のいたか

2018年03月13日(火)08時30分

 3月9日、米労働省が発表した2月雇用統計は、非農業部門雇用が前月比31万3000人の大幅増となり、労働参加率が上昇した半面、賃金上昇圧力は引き続き弱かった。写真はFRB本部。ワシントンで昨年5月撮影(2018年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 9日 ロイター] - 米労働省が9日発表した2月雇用統計は、非農業部門雇用が前月比31万3000人の大幅増となり、労働参加率が上昇した半面、賃金上昇圧力は引き続き弱かった。こうしたデータは、連邦準備理事会(FRB)内にあった米国は労働力が枯渇しつつあるとの疑念を払しょくした可能性がある。

まさに今回の雇用統計は、賃金が跳ね上がって物価が上振れるのではないかとの懸念を後退させ、米経済がまだ新規雇用を生み出せることを示唆している。

シンクタンクの経済政策研究センター(CEPR)のシニアエコノミスト、ディーン・ベーカー氏は「雇用統計は、労働市場の外にはまだ多くの労働力が存在しており、堅調な市場に反応して今後復帰するだろうという見方に沿った内容だ」と話した。

こうした結果を受け、FRBによる今月の利上げは一段と確実になったとはいえ、FRB内では将来の利上げペースは緩やかにとどめるのが妥当という判断への支持もさらに強まりそうだ。

インディード・ドット・コムのチーフエコノミスト、ジェド・コルコ氏は、2月の雇用増加について、気温低下やインフルエンザの流行に影響を受けた1月の反動という面はあったかもしれないにしても、「著しい力強さ」だったと評価。ブルーカラー部門がけん引し、製造業は今や経済全体をしのぐ拡大ペースになっていると付け加えた。

失業率は4.1%で横ばい。就業者数が増えた一方で、労働市場への新規参入も多くなったからだ。このため労働参加率は0.3%ポイント上がって63%になった。

まだ約670万人は失業している。しかし過去1年間で、働く意欲があるのに適切な仕事が見つからないからと職探しをあきらめた人の数は、30%近く減って37万3000人になった。

CEPRのベーカー氏は、労働参加率の上昇が、労働力人口の中核であるプライムエイジ(25─54歳)に集中していると指摘した。プライムエイジはこれまで労働市場への参加が鈍く、エコノミストや政治家にとって大きな懸念要素になっていた。

ベーカー氏は「これは労働市場になお相当なスラック(需給の緩み)があり、FRBが(利上げを)急ぐ理由が乏しいことを意味している」と話した。

FRBが注目している平均時給の前年比上昇率は2.6%にとどまり、経済政策研究所(EPI)のシニアエコノミストのエリス・グールド氏は「期待外れだ。完全雇用を宣言するのは引き続き時期尚早と言える」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

焦点:大統領選控えたトルコ、苦難にあえぐ金融市場の

ビジネス

焦点:米ネット通販の税徴収可能に、リアルへの恩恵は

ビジネス

ダウ反発、OPEC小幅増産決定でエネルギー株が高い

ビジネス

ユーロ急伸、指標やイタリアの残留方針強調受け=NY

MAGAZINE

特集:米朝会談の勝者

2018-6・26号(6/19発売)

トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

人気ランキング

  • 1

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始めた

  • 2

    アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

  • 3

    W杯で世界を驚かせた日本の「もう一つの勝利」

  • 4

    不法移民の子どもは薬漬けで大人しくさせられていた?

  • 5

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 6

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 7

    高級ミニバン決戦 エルグランドvs.アルファード・ヴ…

  • 8

    「ダディ、これどうするの?」──不法移民の親子引き…

  • 9

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

  • 10

    アジア駐在の欧米特派員はセクハラ男だらけ

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 5

    大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

  • 6

    北朝鮮の脅威が去れば、日本の次の「敵国」探しが始…

  • 7

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 8

    「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

  • 9

    サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

  • 10

    世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

  • 1

    頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

  • 2

    会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

  • 3

    トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

  • 4

    中国激怒──米朝首脳会談中止

  • 5

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 6

    クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    女王のハートを射止めた新たな「ロイヤル・ドッグ」…

グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク・デジタル編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

SPECIAL ISSUE 丸ごと1冊 プーチン

絶賛発売中!