ニュース速報

ビジネス

アングル:FRB、2月雇用統計で利上げ加速は遠のいたか

2018年03月13日(火)08時30分

 3月9日、米労働省が発表した2月雇用統計は、非農業部門雇用が前月比31万3000人の大幅増となり、労働参加率が上昇した半面、賃金上昇圧力は引き続き弱かった。写真はFRB本部。ワシントンで昨年5月撮影(2018年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 9日 ロイター] - 米労働省が9日発表した2月雇用統計は、非農業部門雇用が前月比31万3000人の大幅増となり、労働参加率が上昇した半面、賃金上昇圧力は引き続き弱かった。こうしたデータは、連邦準備理事会(FRB)内にあった米国は労働力が枯渇しつつあるとの疑念を払しょくした可能性がある。

まさに今回の雇用統計は、賃金が跳ね上がって物価が上振れるのではないかとの懸念を後退させ、米経済がまだ新規雇用を生み出せることを示唆している。

シンクタンクの経済政策研究センター(CEPR)のシニアエコノミスト、ディーン・ベーカー氏は「雇用統計は、労働市場の外にはまだ多くの労働力が存在しており、堅調な市場に反応して今後復帰するだろうという見方に沿った内容だ」と話した。

こうした結果を受け、FRBによる今月の利上げは一段と確実になったとはいえ、FRB内では将来の利上げペースは緩やかにとどめるのが妥当という判断への支持もさらに強まりそうだ。

インディード・ドット・コムのチーフエコノミスト、ジェド・コルコ氏は、2月の雇用増加について、気温低下やインフルエンザの流行に影響を受けた1月の反動という面はあったかもしれないにしても、「著しい力強さ」だったと評価。ブルーカラー部門がけん引し、製造業は今や経済全体をしのぐ拡大ペースになっていると付け加えた。

失業率は4.1%で横ばい。就業者数が増えた一方で、労働市場への新規参入も多くなったからだ。このため労働参加率は0.3%ポイント上がって63%になった。

まだ約670万人は失業している。しかし過去1年間で、働く意欲があるのに適切な仕事が見つからないからと職探しをあきらめた人の数は、30%近く減って37万3000人になった。

CEPRのベーカー氏は、労働参加率の上昇が、労働力人口の中核であるプライムエイジ(25─54歳)に集中していると指摘した。プライムエイジはこれまで労働市場への参加が鈍く、エコノミストや政治家にとって大きな懸念要素になっていた。

ベーカー氏は「これは労働市場になお相当なスラック(需給の緩み)があり、FRBが(利上げを)急ぐ理由が乏しいことを意味している」と話した。

FRBが注目している平均時給の前年比上昇率は2.6%にとどまり、経済政策研究所(EPI)のシニアエコノミストのエリス・グールド氏は「期待外れだ。完全雇用を宣言するのは引き続き時期尚早と言える」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 3

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    中国の世界制覇を阻止するために日本がやるべきこと―…

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 3

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 10

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!