ニュース速報

ビジネス

ドル111円前半、押し目買い支えに底堅い

2017年07月24日(月)15時37分

 7月24日、午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ややドル安/円高の111.08/10円だった。午前に一時110円後半へ下落したが、国内勢の押し目買いを支えに下げ渋った。午後には株価の下げ縮小を眺めながら、やや持ち直した。写真は2010年9月撮影(2017年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 24日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ややドル安/円高の111.08/10円だった。午前に一時110円後半へ下落したが、国内勢の押し目買いを支えに下げ渋った。午後には株価の下げ縮小を眺めながら、やや持ち直した。

午後のドル/円は、110円後半では押し目買いが観測された一方、「積極的にドルを買い上がる材料に乏しく、上値の重い地合いは継続しそう」(国内金融機関)との見方が出ていた。

日経平均株価が下げを縮めた場面では、一時111.14円に上昇した。午前中の下落でも一目均衡表の雲の下限付近でいったん下げ止まったことから「少なくとも東京市場では底堅いと見られているようだ」(国内金融機関)との声が聞かれた。

国際通貨基金(IMF)は24日、世界経済見通しを改定。2017年の世界成長率見通しを3.5%、18年は3.6%とし、4月時点の予想を維持した。「世界経済の成長率見通しを巡るリスクは短期的にはおおむね均衡しているが、中期的なリスクは引き続き下向き」と指摘している。

市場では「トランプ期待の後退やユーロ圏の回復基調などが織り込まれており、意外感はない」(別の国内金融機関)との声が聞かれた。

午前のドル/円は、午前9時過ぎにかけて110.77円まで下押しした後は下げ渋り、正午にかけて111円を回復。「国内輸入企業や機関投資家などからそこそこ買いが入っていた」(さらに別の国内金融機関)という。

ただ、市場では「国内勢はドル買いに対して自信を持てていない」(邦銀)との声も聞かれた。今週は26日にトランプ・ジュニア氏が上院司法委員会で証言する予定。米大統領選へのロシアの干渉疑惑やトランプ陣営とロシアの共謀の可能性について質問される見通しで、疑惑が一層強まる可能性が警戒される。

ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 111.08/10 1.1668/72 129.62/66

午前9時現在 110.93/95 1.1679/83 129.56/60

NY午後5時 111.12/14 1.1661/65 128.57/61 

(為替マーケットチーム)

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

再生可能エネルギーの主力電源化推進へ、規制改革に全

ワールド

クシュナー米大統領顧問「黒人は成功望む必要ある」、

ビジネス

LVMHのティファニー買収、必要な認可全て取得 訴

ビジネス

米控訴裁、ウィーチャットの米国内ダウンロード禁止要

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 5

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 9

    中国はトランプ再選を願っている

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 8

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!