ニュース速報

アングル:サウジの原油供給は安定的か、数週間は不透明

2019年09月21日(土)11時55分

[ロンドン 19日 ロイター] - サウジアラビアの石油施設攻撃で世界的な原油需給ひっ迫が起こるのを同国が本当に防げるかどうかが分かるのは、数週間先になる──。石油トレーダーや専門家はこうした見方をしている。足元ではサウジが保有する原油在庫が供給不足の穴埋め役を果たし、施設の被害状況もまだベールに覆われているからだ。

14日の2つの石油施設への攻撃により、サウジはおよそ日量570万バレルの原油が生産できなくなった。同国政府は、原油生産量は2─3週間で通常の水準、つまり日量約1000万バレルに戻るとの見通しを示すとともに、施設を復旧するまでは国内外に保有する在庫で市場の需要に応じ続けると約束している。

ただトレーダーや専門家は攻撃されたアブカイクとクライスの施設が速やかに元通りになるかどうか懐疑的で、サウジの在庫データに不透明な部分があることから、果たして市場の需給を安定させ続けられるかも明確ではない。

ある欧州系商社の幹部は「10月到着予定の原油の多くは既に積み出されて洋上にあるので、供給の穴が表面化するのは10月終盤になるだろう。市場では既に買いが殺到しているが、現物の確保を急ぐ動きが出てくるのはこれからだ」と語った。

では先を争って現物を押さえる動きがいつ出てくるかは、サウジが持つ在庫の規模と、その在庫で顧客にどれだけの期間、完全に供給し続けられるか次第になる。

共同石油統計イニシアチブ(JODI)によると、サウジが国内外に保有する原油在庫は最新データである7月分が800万バレル減の1億8000万バレルだった。

しかしベテランの石油トレーダーの1人は、JODIのデータが正確かどうかは「大いに不明」で、衛星写真を用いて在庫を分析する企業のデータを参考にすると、地上に保管されている原油の規模はJODIのデータより小さいように見えると付け加えた。

このトレーダーは、国営石油会社サウジアラムコの子会社ATCが石油製品購入に動いていることも、在庫水準が十分ではないとの疑いを強める要因だとみている。

<需給ひっ迫>

同トレーダーは「(サウジが)過去20年で数百億ドルを投じて地下貯蔵施設を建設したとのうわさが出回っていた。だがそれならどうしてATCが石油製品を買っているのか」と指摘した。

複数の関係者の話では、アラムコはアラブ首長国連邦(UAE)で少なくとも12万バレルの軽油を購入した。この動きが、石油施設への攻撃と因果関係があるかどうかは分かっていない。

ブラック・ゴールド・インベスターズ創業者で石油業界の経験が長いゲーリー・ロス氏によると、石油施設の復旧スケジュールに関しサウジが「過度に楽観的」になっていると確信しない方が難しい。同氏は「需給ひっ迫局面が訪れつつある」と警告している。

アラムコのナセル最高経営責任者(CEO)は、同社が国内に6000万バレル余りの原油在庫を保有していると述べた。海外保有分は明らかにしていないが、沖縄やロッテルダムなどには同社の貯蔵施設がある。

それでもこうした在庫が一体どのぐらいのペースで減っているか疑問は残ったままだ。Karrosの推計では、今月15日から16日までだけでサウジの国内在庫は1000万バレル近く目減りした。

一部の大口顧客は既に調達先を切り替えている。中国石油化工(シノペック)のトレーディング部門は今週、米国から少なくとも4隻の原油タンカーをチャーターした。

<油種変更>

サウジが「量」の面で顧客への供給を維持できたとしても、同一の品種を提供するのに苦戦する可能性を示唆する材料がいくつか出てきている。これは軽質油ないし重質油といった特定の品種を扱うことが多い製油業者にとって大事な問題になる。

攻撃されたアブカイクの施設は、「アラビアンライト」や「アラビアンエクストラライト」といった油種の重要な処理拠点だった。

こうした中でアラムコは、少なくともアジアの6つの製油業者に対して、10月中も約束した量を供給すると伝えたものの、うち2社は油種の変更を申し渡された。

2人の関係者は、インドのリライアンス・インダストリーズは攻撃があった直前にアラビアンライトを積み出す予定だったのだが、代わりに「アラビアンヘビー」を入手していると述べた。

この関係者の1人によると、韓国や日本などの製油業者にも油種変更要請があったという。

主にエジプトのシディ・ケリルから出荷されるアラビアンライトを利用する欧州とトルコの製油業者は最もリスクが高い。事業に詳しい業界関係者は、少なくとも欧州の大手製油業者1社はまだサウジから10月の積み出し日程を聞かされていないと話した。

アラムコのある関係者は17日、アブカイクの施設が既に日量200万バレルの処理を行っていると明かした。攻撃前の処理量は490万バレルだった。

それでもアラムコは、攻撃を受けた2つの施設の被害程度に関して詳しい情報を公表していない。攻撃による火災を目撃した人の話や、衛星写真などを見ると、果たして早期復旧ができるのか懸念が増すばかりだ。

(Julia Payne、Dmitry Zhdannikov記者)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

ロンドン証取、第3四半期は増収増益 デリバティブ清

ワールド

韓国首相、安倍首相と24日に会談の見通し=韓国政府

ワールド

ゴールドマン、「合意ある英EU離脱」の確率を65%

ワールド

NBA、香港デモ問題で多額の金銭的損失=コミッショ

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 3

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 4

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 5

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 6

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が…

  • 7

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 8

    トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

  • 9

    消費税ポイント還元の公式アプリが「使えない」理由

  • 10

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 8

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 9

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 10

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 10

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!