ニュース速報

ユナイテッド・テク、航空事業統合でレイセオンと合意間近=関係筋

2019年06月09日(日)14時46分

[8日 ロイター] - 米航空機・機械大手ユナイテッド・テクノロジーズが、米防衛機器メーカーのレイセオンと航空宇宙事業の統合で合意に近づいている。関係筋が8日、明らかにした。

実現すれば、新会社の価値は1000億ドルを超え、航空宇宙・防衛セクターで最大規模の統合となる。合意に至った場合、早ければ10日に発表される可能性がある。

ユナイテッド・テクノロジーズは主に商用機メーカーに電子・通信機器などを提供。一方レイセオンは主に軍用機・ミサイル向け機器を米政府に提供している。

事業統合は株式交換によって行われるという。ユナイテッド・テクノロジーズはこれまで、空調事業「キャリア」とエレベーター事業「オーチス」をスピンオフ(分離・独立)させる方針を示している。

ユナイテッド・テクノロジーズはコメントを控えた。レイセオンは現時点でコメント要請に応じていない。

ユナイテッド・テクノロジーズの時価総額は1140億ドルだが、「キャリア」と「オーチス」を除くと600億ドル弱となる。レイセオンの時価総額は520億ドル。

両社の事業統合の可能性については米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が先立って報道。ユナイテッド・テクノロジーズのグレッグ・ヘイズ最高経営責任者(CEO)が新会社を率いる一方で、レイセオンのトーマス・ケネディーCEOが会長となる見込みだと伝えた。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米各州、相次ぎコロナ対策を強化 学校再開へ新たな指

ワールド

米国のコロナ感染者、8日に6万人超増加 過去最多=

ワールド

米中関係、よりポジティブなメッセージ必要=中国外相

ワールド

メキシコ大統領がトランプ氏を称賛 初の首脳会談は争

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!