ニュース速報

イールドカーブのフラット化、金融政策の目的ではない=若田部日銀副総裁

2019年05月16日(木)13時17分

[東京 16日 ロイター] - 日銀の若田部昌澄副総裁は16日午前の参議院財政金融委員会で、日銀による金融緩和政策のもとでイールドカーブのフラット化が進行していることについて、フラット化は金融緩和の目的ではないとし、デフレからの脱却局面ではスティープ化していくことを期待している、と語った。

若田部副総裁は、大規模な金融緩和による長短金利差の縮小が地方銀行を中心とした金融機関の経営を圧迫しているとの指摘に対し、金融緩和の目的はデフレからの脱却と述べ、「その結果としてイールドカーブがフラット化しているが、これは(金融緩和の)目的ではない」と回答。「デフレから脱却する局面では、イールドカーブがスティープなものになっていくことを政策効果として期待している」と続けた。

また、マイナス金利政策に関し、イールドカーブ・コントロール(YCC)政策を実施している中で、「日銀としてマイナス金利が問題であるということを申し上げたことはない」と述べた。

低金利の長期化に伴う金融システムへの影響について「金融システムの安定性には万全の注意を払い、配慮する」としながらも、日銀として「物価の安定が最大の目標だ。デフレから脱却するためには何が望ましいかを考え、現在の量的・質的金融緩和(QQE)を行っている」と指摘。QQEは「現状において、ベネフィットがコストを上回っている」と強調した。

*内容を追加しました。

(伊藤純夫)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング