ニュース速報

日経平均は大幅続伸、米国株高など支え 新元号発表前の「ご祝儀ムード」も

2019年04月01日(月)16時17分

[東京 1日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅続伸した。前週末の米国株高や31日発表の3月中国製造業PMIの予想外の改善が好感され、朝方から買いが先行。新元号公表前の「ご祝儀ムード」や財新の中国製造業PMIの改善をにらんだ上海総合指数の上昇もあり、日経平均は上げ幅を一時450円超に拡大した。午後は今晩の米ISM製造業景気指数発表を控えて様子見ムードが広がり、利益確定や戻り待ちの売りに押される形で上げ幅を縮小した。

日経平均は終値ベースで2万1500円を回復。3月22日以来の高値水準となった。

市場では、期末に落としたポジションの買い戻しが中心との見方が出ていた。「米中通商協議の進展期待もあるだろうが、ニュースに対する反応が過敏すぎる印象。具体的な話が出ていない中、上がり方が気持ち悪い」(SBI証券の投資調査部長、鈴木英之氏)との声が出ていた。

トランプ米大統領は29日、中国との通商協議は非常にうまく進んでいるとの認識を示した。[nL3N21I1DH]

TOPIXも続伸。東証33業種では、空運を除く32業種が値上がり。石油・石炭、鉄鋼、金属製品、非鉄金属、海運、輸送用機器などが値上がり率上位に入った。コマツ<6301.T>、日立建機<6305.T>、安川電機<6506.T>、ファナック<6954.T>などの中国関連株の上げも目立った。

そのほか個別銘柄では、ジャパンディスプレイ<6740.T>が急伸。同社は1日、資本増強に関する一部報道を受けて「総額1100億円超の資本増強について、関係者との今週中の合意を目指している」とのコメントを発表した。筆頭株主のINCJとも連携しながら外部との提携交渉を行っていると説明している。経営再建の進展に期待した買いが入った。

日銀が寄り付き前に発表した3月全国企業短期経済観測調査(短観)は、大企業・製造業の業況判断DIがプラス12となり、前回12月調査から7ポイント悪化した。先行きも悪化する見通しが示されたが、株式市場に目立った反応はみられなかった。

東証1部の騰落数は、値上がり1837銘柄に対し、値下がりが259銘柄、変わらずが43銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      21509.03 +303.22

寄り付き    21500.89

安値/高値   21471.12─21682.94

TOPIX<.TOPX>

終値       1615.81 +24.17

寄り付き     1612.13

安値/高値    1611.71─1624.43

東証出来高(万株) 141919

東証売買代金(億円) 24846.17

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

2020年のフランス財政赤字、GDP比11.4%に

ワールド

香港議会、国歌条例案審議が民主派抗議で一時中断 警

ワールド

中国、外国航空会社の運航規制緩和 前日に米政府が圧

ワールド

ジャカルタ、新型コロナ規制を一部緩和へ

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 3

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 8

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 9

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 10

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 8

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!