ニュース速報

中国全国の新築住宅価格、1月は前月比+0.6% 9カ月ぶり低い伸び

2019年02月22日(金)14時26分

[北京 22日 ロイター] - 中国国家統計局が発表したデータに基づくロイターの算出によると、1月の中国主要70都市の新築住宅価格は平均で前月比0.6%上昇し、12月(0.8%)から伸びが鈍化した。

2018年4月以来9カ月ぶりの低い伸びとなった。景気が減速する中、不動産市場が鈍化し始めていることが浮き彫りとなった。ただ、前年比では価格の上昇ペースが加速した。

前月比ベースでは45カ月連続の上昇。

景気減速や政府の投機抑制策を背景に住宅の購買意欲は低下しているが、不動産価格は比較的底堅く推移している。政府が、不動産価格急落に伴う金融リスクの高まりを警戒していることが背景だ。

一部の中小都市は、市場心理を安定させるため、水面下で不動産規制の解除を進めている。

前年比では10%上昇し、12月(9.7%)から伸びが若干加速した。価格が上昇したのは70都市中58都市。12月は59都市だった。

北京、上海、深セン、広州の1級都市は前月比0.4%上昇。12月は1.3%上昇だった。

2級都市と3級都市は、それぞれ0.7%、0.6%の上昇。

不動産開発大手の碧桂園<2007.HK>、万科企業<2202.HK>、中国恒大集団<3333.HK>の1月の販売は、軒並み前年割れとなった。

<米中貿易戦争、市場の二極化>

アナリストは、米中貿易戦争を巡る不透明感が、投資家心理に悪影響を及ぼしていると指摘。ただ、現在の価格上昇ペースは健全で、警戒を必要とするものではないとの見方を示している。

INGの大中華圏担当エコノミスト、アイリス・パン氏は「貿易戦争がエスカレートしなければ、不動産などの資産に対する投資家の需要が増えるだろう」とし、急激な価格調整のリスクが浮上すれば、地方自治体レベルで年内に不動産規制が小幅に緩和されるだろうとの見方を示した。

センタラインのアナリスト、Zhang Dawei氏は、地方自治体がそれぞれの事情に基づいて規制を運用しており、市場の二極化が進んでいると指摘した。

多くのエコノミストは、不動産収入の減少や地元経済の鈍化に見舞われた地方自治体が、年内に不動産の購入規制を緩和すると予想。中央政府は債務・投機の抑制に向けた決意を試されることになるという。

1月の住宅価格が最も大きく上昇したのは吉林省吉林市で、前月比1.8%上昇。

センタラインのZhang氏はリポートで「一部の都市は在庫解消のため、まだ積極的に販売を奨励している。大手の開発業者は販売が低迷しているが、中小の開発業者は依然として販売が良好だ」と指摘した。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

デモ対応の米軍動員は「最終手段」、国防長官が支持せ

ワールド

ブラジル、英アストラゼネカのコロナワクチン試験を月

ワールド

香港巡る英中合意、中国対応で著しく毀損されるリスク

ワールド

WHO、抗マラリア薬試験を再開へ コロナ治療利用で

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長物?

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 5

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 8

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 9

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 10

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 8

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!