ニュース速報

インタビュー:ベネズエラ政権交代、中国・ロシアにとって好ましい=グアイド氏

2019年02月01日(金)09時40分

[カラカス 31日 ロイター] - ベネズエラの暫定大統領就任を宣言した野党指導者、フアン・グアイド国会議長は31日、ロイターのインタビューに応じ、同国の政権交代は政情安定につながり、マドゥロ政権を支援する主要債権国のロシアと中国にとっても好ましい展開だとの見方を示した。

グアイド氏は、マドゥロ政権と結びつきが強いロシアと中国にメッセージを送ったと明かした。米国をはじめとする諸外国はグアイド氏を暫定大統領として承認したが、マドゥロ大統領はグアイド氏がクーデターを企てていると非難している。

グアイド氏は「ロシアと中国にとって最も好ましいのはベネズエラの安定と政権交代だ」と主張。「マドゥロ氏はベネズエラを守ってはくれない。誰の投資も守らないため、ロシアと中国が得することはない」と述べた。

警察はこの日、カラカスにあるグアイド氏の自宅に立ち入り、同氏の妻との面会を求めており、グアイド氏に対する締め付けを強化するマドゥロ政権の姿勢が鮮明となった。インタビューはグアイド氏の自宅で行われた。

ベネズエラの最高裁は29日、グアイド氏に対する予備捜査開始を認め、同氏の出国禁止と銀行口座凍結を命じた。同氏はこれに関し、逮捕は「恐れていない」と述べた。

同氏は、ベネズエラ政府は債権者や債券保有者に対する「責任がある」と強調。同国の政府機能はなおマドゥロ氏の支配下にある。

グアイド氏はまた、国営石油会社PDVSA [PDVSA.UL] の米子会社シトゴの支配権をどのように掌握するかについて検証していると述べた。米政府とグアイド氏は、ベネズエラにとって最大の海外資産であるシトゴの取締役会刷新を目指している。

グアイド氏は、政権交代が行われてもPDVSAは国営企業であり続けると述べ、低迷する石油部門の生産回復が最優先課題だと続けた。「われわれは経済、社会、政治に確実性を提供することを目指している」と語った。

*写真を差し替えました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築支援を要請

  • 4

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 5

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 6

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 7

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 8

    【韓国政治データ】文在寅大統領の支持率推移(2019…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    ドイツはプライバシー保護を徹底 京アニ犠牲者の実…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 8

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 9

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 10

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!