ニュース速報

焦点:中国で銀行初の永久債発行へ、資本強化狙うも需要弱く

2019年01月26日(土)12時29分

[シンガポール/上海 21日 ロイター] - 中国当局は先週、銀行による永久債の発行を初めて承認した。不良債権の増大に悩む銀行の資本強化に向けた大きな一歩だが、需要は弱そうだ。

先陣を切るのは同国第4位の銀行、中国銀行(BoC)<3988.HK><601988.SS>で、最大400億元(59億ドル)の発行が認められた。

他の国内銀行は中国銀行の起債動向を注視するだろう。

中国の景気は減速し、当局は銀行に体力を付けさせて融資を拡大できるようにしたいと焦っている。しかし銀行の資本は不十分なため、貸し出し余力は限られている。

中国の大半の銀行は「その他Tier1(AT1)資本」が比較的薄いが、これまでAT1資本を増やす手段は優先株の発行しかなかった。

しかし株式市場が軟調で、多くの上場銀行の株価は現在、簿価を下回って推移しているため、株式を売り出しにくい環境。銀行は低金利を利用した国内債券市場での資金調達に目を向けるようになっている。

CIBリサーチの推計では、中国の銀行はAT1資本の不足を補うため、年内に永久債か優先株の発行を通じて4700億元(692億4000万ドル)を調達する必要がある。

永久債の返済順位は通常の債券より低く、株式をわずかに上回るだけなので、投資家は高い利回りを得る必要がある。

UCONインベストメンツのグー・ウェイヨン首席投資責任者は「理論的には、永久債の保有はリスクが非常に高く、リターンは限られている。もっと良い投資の選択肢はある」と語る。

中国銀行は永久債の発行計画についてコメントを控えた。利回りについても手掛かりを示していない。

CIBの推計では、永久債の利回りは、同一銀行のTier2資本に属する債券を150ベーシスポイント(bp)上回る可能性がある。中堅の銀行だと7%前後となる計算だ。

銀行筋と機関投資家幹部らによると、中国銀行は既に需要とプライシングを見極めるため、潜在的な投資家に接触している。このうち1人によると、1月末までに起債する計画で、利回りは4.5─5.2%の範囲となりそうだ。

この関係筋は「われわれが買いたいと思うほど利回りは高くない」と述べた。

多くの機関投資家幹部は、中国銀行の永久債の投資家層は限られるとの見方を示した。ただ、政府が国有ファンドや保険会社にまとまった買いを要請することは簡単だという。

一部のファンドや資産運用会社は、永久債には魅力を感じないと述べた。また中国の保険会社は、永久債のように簡単に評価を切り下げられる条件のついた資本性証券の購入を禁じられており、当局がこの規制を緩めるかどうかは定かでない。

永久債は世界中で発行されているが、中国の銀行業界では、2008年の世界金融危機後の与信ブームを経て不良債権が積み上がっており、投資家は通常より警戒しそうだ。

公式統計によると、中国の銀行の不良債権比率は1.89%で世界金融危機以来で最も高い。しかし多くの銀行は不良債権の認定が遅かったり、隠したりするため、実際の比率ははるかに高いとの指摘もある。

(Shu Zhang記者 Samuel Shen記者)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

在香港の米企業、9割が国安法に懸念 3割が事業移転

ワールド

グリアOECD事務総長、今期限りで退任 WTO事務

ワールド

米フロリダ州、新規感染者1万5000人超え最多 4

ワールド

サンディエゴの米海軍基地の艦船で爆発・火災、乗員1

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 3

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失ったもの

  • 4

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 3日連続2…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 8

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 9

    金正恩の「拷問部隊」にイギリスが下した鉄槌

  • 10

    日本人とアラブ人が考える「理想の仕事」の違い

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 10

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!