ニュース速報

ドル109円後半でもみ合い、ドラギ発言に注目

2019年01月24日(木)15時29分

[東京 24日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、わずかにドル高/円安の109円後半。前日の海外市場でドルは110円にワンタッチしたものの、その後急落したことで、この日の市場では気迷い気分が広がった。市場は欧州中央銀行(ECB)理事会後のドラギ総裁の会見に関心を寄せている。

ドルは昼前に109.44円まで軟化した後、109.66円まで反発したが、この日は株価もさえない動きに終始したため、ドルも前日のレンジ内での小幅な値動きとなった。

ドルは前日110円ちょうどまで上昇し、昨年12月31日以来3週間半ぶり高値をつけた。たが、110円到達直後に、短期筋によるドルロングの投げや利益確定売りが殺到し、109.39円まで下落した。

下落局面では、米経済諮問委員会(CEA)のハセット委員長が、政府機関の閉鎖が第1・四半期末まで継続した場合、同四半期の経済成長率はゼロになる可能性があるとの認識を示すなど「リスク要因は引き続き多く、円を売り続ける地合いでもない」(トレーダー)という。

市場では、個人の証拠金取引で110円ちょうどに売りオーダーが並んでいるとの指摘も聞かれ、東京時間は110円は売りの構えの参加者が多そうだ。

また、110円半ばにドル売りオーダーを置いていた輸出企業の一部は、オーダーを110.30円付近まで切り下げたという。

市場の関心は、このあと開かれる欧州中央銀行(ECB)理事会後のドラギ総裁の会見に注がれている。

「欧州の景況感が脆弱であるため、金融政策の正常化は急がないなど、会見で出口戦略を後ずれさせるニュアンスが出てくるかもしれない」(FXアナリスト)との見方も出ている。

豪ドルは77円後半から78円半ばを上下。12月の就業者数が前月比2万1600人増と予想を上回ったことでいったん買われたものの、ナショナル・オーストラリア銀行が住宅ローン金利を引き上げると発表すると、景気冷え込みへの懸念から売りが強まった。

英ポンドは143円前半で底堅い動き。一時143.55円付近まで上昇し昨年12月中旬以来1カ月ぶり高値をつけた。

野党労働党が合意なきEU離脱の回避案を支持するとの報道に加え、イングランド銀行(中央銀行、BOE)のブロードベント副総裁が、将来の中立金利は低下より上昇する可能性が高いと発言したことも話題となった。

ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 109.60/62 1.1383/87 124.72/76

午前9時現在 109.49/51 1.1380/84 124.66/70

NY午後5時 109.59/61 1.1380/82 124.73/77

(為替マーケットチーム)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

  • 6

    【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

  • 7

    「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

  • 8

    学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

  • 9

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 10

    イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    トランプの言うことは正しい

  • 5

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 8

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 9

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 10

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!