ニュース速報

日経平均は続落、材料不足のなか需給の思惑などで下げる

2019年01月17日(木)15時35分

[東京 17日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は続落した。前日の米国株高と為替の円安を支えに反発して始まったが、追加の買い材料がなく上値を伸ばしきれなかった。市場参加者が少なく、利益確定や戻り待ちの売りに押される形で上げ幅を縮小、マイナス転換した。日銀が日経225連動型ETFの買い入れ比率を下げるとの思惑が浮上したことも上値圧迫要因となった。TOPIX、JPX日経400などはプラス圏で引けた。

TOPIXは0.35%高。東証1部の売買代金は1兆9778億円で今年最低だった。2兆円割れは昨年9月10日以来約4カ月ぶり。セクター別では、パルプ・紙、証券、その他製品、その他金融などが値上がり率上位にランクイン。半面、ゴム製品、水産・農林、小売などは軟調だった。市場では「直近の裁定買い残や信用買い残は低水準で売りが出尽くした状態にある。累積売買高の多い2万1000円程度までは戻り余地がありそうだ」(内藤証券投資調査部部長の浅井陽造氏)との声が出ていた。

個別銘柄では、千代田化工建設<6366.T>が安い。同社が総額1000億円規模の金融支援を要請していることが分かったと日経ビジネスが17日報じた。増資による1株利益の希薄化などを懸念した売りが出た。リズム時計工業<7769.T>も軟調だった。同社は16日、中国の子会社で不適切な会計処理や購買取引が行われた疑いが判明したと発表した。不祥事の発覚を嫌気した売りが出た。

東証1部の騰落数は、値上がり1366銘柄に対し、値下がりが682銘柄、変わらずが80銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      20402.27 -40.48

寄り付き    20544.23

安値/高値   20342.46─20571.75

TOPIX<.TOPX>

終値       1543.20 +5.43

寄り付き     1546.48

安値/高値    1537.83─1549.42

東証出来高(万株) 114873

東証売買代金(億円) 19778.33

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!