ニュース速報

米連邦検察、トランプ氏元弁護士に「長期の禁錮刑」求刑

2018年12月10日(月)08時58分

[ワシントン/ニューヨーク 7日 ロイター] - 米ニューヨーク・マンハッタンの連邦検察は7日、トランプ米大統領の元個人弁護士、マイケル・コーエン被告に対し、トランプ氏の代わりに元ポルノ女優に口止め料を支払ったほか、脱税を行った罪で「長期間の禁錮刑」を求刑した。

コーエン被告は8月に罪を認めていた。

コーエン被告は2016年米大統領選を巡るロシア疑惑を調べるモラー特別検察官の捜査に協力しており、先週にはトランプ財団のモスクワ不動産事業に関して議会で虚偽証言をした問題でも有罪を認めていた。

ニューヨーク検察はコーエン被告によるモラー氏への協力はある程度評価すべきだが、検察への捜査協力に関して同様の合意はなかったと指摘。その上で、量刑ガイドラインでは4─5年とされる被告の刑期について、「若干」の減刑があるべきだとした。

モラー特別検察官のチームは同日、コーエン被告の捜査協力を評価する文書を裁判所に提出。被告が「捜査の中心的な問題」について自身と他の人々の行動に関する情報を自発的に提供し、提供された情報は捜査側が独自に得た「証拠と整合的で信頼できるものだった」とした。その上で、ニューヨーク検察による求刑以上の禁錮刑は必要ないとの見解を示した。

コーエン被告は12日、有罪を認めたすべての事件について判決が言い渡される予定。

モラー氏の文書によると、コーエン被告はモラー氏の事情聴取を最初に受けた際にトランプ財団のモスクワ不動産事業について虚偽の証言を行ったが、口止め料について8月に罪を認めた後、9月に再び聴取に応じた際は同事業について真実を語ったという。

モラー氏は、コーエン被告が議会で虚偽証言をしたことで、トランプ財団がモスクワに高層ビルを建設する計画を通じて「ロシア関係筋から何億ドルもの」報酬を受ける可能性があったという「事実を覆い隠した」と指摘した。

また、同計画をめぐる協議を捜査対象とする理由は、「ロシア政府による米大統領選介入に向けた継続的取り組みと同時期」に行われたからだとした。

文書によると、コーエン被告は2015年11月にトランプ陣営とロシアとの「政治的な相乗効果」を持ち掛けたロシア人と接触。プーチン大統領との面会を繰り返し提案されたが、実際に応じることはなかった。

モラー氏はまた、コーエン被告が2017年と18年に「ホワイトハウスの関係者と接触したことについて役立つ情報」を提供したと説明した。

大統領選のトランプ陣営元選対本部長マナフォート被告については、検察官や連邦捜査局(FBI)に対する虚偽証言について詳細を説明。モラー氏は前月、マナフォート被告が司法取引に違反したとして無効にしている。

文書によると、マナフォート被告はロシアの情報機関と関係があるとされる政治コンサルタントと交わした情報などについて「うそと認識できる」虚偽証言を複数回行ったという。

モラー氏は4日に裁判所に提出した文書で、FBIへの虚偽供述の罪を認めているマイケル・フリン元大統領補佐官について、「十分な」捜査協力をしたと評価して、禁錮刑の実刑を免除すべきだと主張している。

トランプ大統領は7日の一連のツイートで、連邦捜査当局などに利益相反が生じていると批判したが、証拠は示さなかった。ホワイトハウスのサンダース報道官は、コーエン被告はうそつきで裁判所に提出された文書は「重要性のある新たな情報はない」と一蹴した。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:とっておきの世界旅50選

2019-7・16号(7/ 9発売)

イタリアの秘めた名所から沈船ダイビング、ゾウ保護区まで、ひと味違う体験を楽しみたい人向けの旅行先50

※次号は7/17(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    女性、独身、子なしを責められた台湾総統、FBで反撃

  • 2

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の指摘は重大な挑戦」

  • 3

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立の行方

  • 4

    なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

  • 5

    2019年上半期グーグル人気検索キーワード発表 韓国…

  • 6

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 7

    「貧困の壁を越えたイノベーション」湯浅誠がこども…

  • 8

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 7

    輸出規制への「期待」に垣間見る日韓関係の「現住所」

  • 8

    なぜ米国の一流経済学者が日本に二流のアドバイスを…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!