最新記事

コロナ禍の世界

アメリカ、コロナ拡大阻止で受刑者を釈放。わざと感染しようとする者も?

2020年5月14日(木)17時30分
安部かすみ

あえて回し飲みしたり、同じマスクを吸い込んだり....  LA Times-YouTube

<アメリカ国内各所の刑務所内では、感染拡大を阻止するため3月から釈放措置が取られているが、わざと感染しようとするかのような行動も見られた...>

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染が拡大する一方のアメリカでは、一般市民生活に加え、警察署、老人ホームや介護施設、刑務所、ホームレスシェルターなど、閉ざされた空間でのクラスター問題も深刻となっている。

特に刑務所やホームレスシェルターは衛生環境があまり良くない密室空間に大人数が密集するため、感染者数は増える一方だ。国内各所の刑務所内では、感染拡大を阻止するため3月から釈放措置が取られている。

同じマスクを顔まで持ってきて鼻で吸い込む...

こうした動きにつけこんで、わざと新型コロナに感染し刑務所から脱出しようとする者まで出てきている。2000人の受刑囚が収容されているカリフォルニ州の刑務所「ノースカウンティ矯正施設」では、何やら疑わしい行動が監視カメラに映されていた。

4月15日と26日、同刑務所内の共有スペースで、囚人の1人がインスタントコーヒーなどのために用意されている湯を給湯器からボトルに注ぎ、次々に囚人らで回し飲みをしている様子が確認された。また別の共有スペースでは、数名で同じマスクを顔まで持ってきて鼻で吸い込むような様子も映し出されていた。

そのうちの1つが撮影された日の翌16日、9人が体調不良を訴え、1週間後には30人の受刑囚が新型コロナの検査で陽性を示したことから、なぜ集団感染が起こったかを刑務所が調査し判明した。しかし、囚人にとっては軽はずみな行いだったようで、釈放されたのはそのうち2人だけだった。

この刑務所では4月15日、施設内で初の新型コロナの陽性患者が出ており、22日より隔離措置が始まっていた。

同州ロサンゼルス郡にある刑務所では通常、1万7000人から2万2000人ほどが収容されているが、新型コロナ感染者拡大による釈放措置により、5月11日の時点で刑務所内の人口は1万1723人にまで減らされている。その中で隔離環境に置かれている受刑囚は4500人にも上り、新型コロナに感染しているのは357人。この数は4月30日より3倍にも膨れ上がっているという。117人は回復している。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

EUの対中関税は「罰」ではない=独経済相

ワールド

中銀総裁が交代すればブラジルは「正常に戻る」=ルラ

ビジネス

米、対中ハイテク投資規制案を公表 AIなど 国家安

ビジネス

アングル:香港へ向かう中国富裕層マネー、制度緩和で
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 2

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『アコライト』を失速させてしまった「伝説」の呪縛

  • 3

    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪華ドレスと「不釣り合い」な足元が話題に

  • 4

    電気自動車「過剰生産」で対立するG7と中国──その影…

  • 5

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 6

    都知事選、蓮舫候補の「二重国籍」問題の事実関係を…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    なぜ保険料を払っていない「主婦」への年金はなくな…

  • 9

    北朝鮮を訪問したプーチン、金正恩の隣で「ものすご…

  • 10

    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由

  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 5

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…

  • 9

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中