最新記事

ネット

2人の銃乱射事件犯が、同じ掲示板サイトに声明文を書き込んでいて問題に

2019年8月7日(水)16時30分
佐藤由紀子

テキサス州の銃乱射事件犯は匿名掲示板に声明文を書き込んでいた Inside Edition-YouTube

<テキサス州であった銃乱射事件の犯人や、クライストチャーチのモスクで銃乱射事件を起こした犯人が、同じ匿名掲示板サイトに犯行マニフェストを書き込んでいて問題になっている......>

「インターネットが精神の荒廃を増幅している」とトランプ大統領

米テキサス州エルパソのショッピングモールで8月3日、銃乱射事件が発生し、地元警察の発表によると、少なくとも20人が死亡し26人が負傷した。

この事件についてドナルド・トランプ米大統領は5日、容疑者が犯行直前にインターネットに「マニフェスト」を投稿したことに言及し、「インターネットが精神の荒廃を増幅し、狂った行為に走る手段を提供していることを認めなければならない」と語った。

このマニフェストには、「ヒスパニックは私の愛するテキサスを支配するだろう。彼らはテキサスを政治的クーデターの道具にするだろう」「移民はアメリカの未来にとって有害でしかない」などと書かれており、「私は我が国を破壊から取り戻すための戦いに臨むことを光栄に思う」と締めくくられている。

過激な移民政策や人種差別的発言を繰り返すトランプにこそ、この問題の責任があると非難する向きもあるが、トランプの発言であらためて偏った思考を増幅させるインターネット掲示板に注目が集まっている。

匿名掲示板サイト「8chan」に犯行マニフェストを投稿

容疑者がマニフェストを投稿したのは「8chan」という匿名掲示板サービスで、今年の3月、ニュージーランドのクライストチャーチのモスクで49人を銃殺した犯人であるブレントン・タラント(28)も、この掲示板にマニフェストを投稿していた。

エルパソ事件の容疑者であるパトリック・クルシウス(21)は8chanでの他の投稿で、クライストチャーチの事件を支持する発言もしている。

調査ジャーナリズムサイトのBellingcatは、8chanではクライストチャーチ事件後、タラントが作った殺人記録を超えたいという書き込みが定期的にあると指摘した。Bellingcatは、「8chanは、大量殺人のゲーム化をテロリズムにもたらした」としている。

8chanは、利用規約が厳しくない(合衆国憲法を順守していればどんなコンテンツ投稿も可)こともあり、極右のオルト・ライトや白人至上主義の発言の場になっている。

たとえ8chanがなくなっても......

CDN(さまざまなネットワークサービス)を提供していたCloudflareが5日に8chanへのサービスを打ち切った後、8chanはオフラインになっている。Cloudflareはサービス停止に当たり、「エルパソ事件の容疑者はクライストチャーチ事件に言及しており、あの大虐殺を賛美した8chanの議論に触発されたと考えられる。8chanは繰り返し、憎しみの中心地であることを証明した」と説明した。

だが、8chanは公式Twitterアカウントで「ソリューションをみつけるまでの1、2日はオフラインになる」とツイートしており、新たなCDNやドメインサービスと契約して復活するつもりのようだ。

たとえ8chanがなくなっても、潜在的なニーズがある限り、似たようなサービスの発生を阻止するのは難しい。

トランプは対策の1つとして、「政府機関とソーシャルメディア企業との提携により、大量虐殺者を攻撃前に検出するツールを開発している」と説明した。実現するかどうかは分からないが、次の攻撃者を温存するコミュニティを根絶することが難しい以上、比較的有効な対策なのかもしれない。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国新規銀行融資、4月は予想を大幅に下回る M2伸

ワールド

仏総選挙、極右勝利なら金融危機も 財務相が警告

ビジネス

三菱UFJ銀と系列2証券に処分勧告、違法に情報共有

ビジネス

ECB、指標が予想通りなら利下げ継続可能=ラトビア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 4

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 8

    ジブリの魔法はロンドンでも健在、舞台版『千と千尋…

  • 9

    「これが野生だ...」ワニがサメを捕食...カメラがと…

  • 10

    長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    カラスは「数を声に出して数えられる」ことが明らか…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中