最新記事

エンタメ

ディズニー、FOX買収で動画配信市場に殴り込み

2017年12月15日(金)17時41分
アンナ・メンタ

新会社の経営統合の指揮を執るウォルト・ディズニーのローバート・アイガーCEO Gary Cameron-REUTERS

<来年動画配信サービスを始める予定のディズニーの相次ぐコンテンツ買収は、先行するネットフリックスやアマゾンの脅威になる>

米メディア大手ウォルト・ディズニーは、同業の21世紀フォックスの映画やテレビなどのエンタメ部門を、総額661億ドル(7兆4000億円)で買収することで最終合意した。ディズニーと「メディア王」ルパート・マードック率いるフォックスの大事業は今後、独禁当局の認可を待って来年夏ごろに完成することになる。

交渉は数週間前から進んでおり、ディズニーが12月14日にホームページ上で発表した。フォックスは、FOXブロードキャスティングやFOXニュース、FOXスポーツなどのニュース・スポーツ部門は売却せず、スピンオフ(分離・上場)する計画。ディズニーのロバート・アイガーCEO は2019年に退任する予定だったが、任期を2021年まで延長する。マードックが、円滑な経営統合を指揮してくれるよう要請したという。

フォックス買収によってディズニーは、映画スタジオの20世紀フォクスやナショナル・ジオグラフィック、有料放送番組FX、地方スポーツチャンネルを獲得。英衛星放送スカイと動画配信のHuluの株式も取得する。人気映画の『Xメン』や『アバター』、人気ドラマの『ジ・アメリカンズ』、『ディス・イズ・アス』、『モダン・ファミリー』など、フォックスが持つ多様で収益性の高いコンテンツも傘下に収める。アニメ『シンプソンズ』の主人公一家も、ディズニー・ワールドに引っ越しだ。

アベンジャーズにデッドプールが出演?

また、2本の続編が予定されているジェームズ・キャメロン監督の映画『アバター』シリーズがディズニーの傘下に入ることにより、全米歴代興行収入の上位5作品のうち3作品をディズニーが保有することになりそうだ。1位の『スターウォーズ/フォースの覚醒』、2位の『アバター』、5位の『アベンジャーズ』だ(4位は米パラマウントの『タイタニック』、5位は米ユニバーサル・ピクチャーズの『ジュラシックパーク』)。

ディズニーは来年、動画配信サービスを始める予定。今度の買収で、動画配信会社Huluの過半数の株式も手にする。いずれディズニーは、先行する動画配信大手の強力なライバルになるだろう。ネットフリックス、アマゾン、グーグル、フェイスブックにとっては脅威だ。

拡大を続ける娯楽帝国ディズニーの意図を怪しむ人もいる。だがマーベルコミックのファンにとって、この買収劇は朗報だ。今はバラバラのスタジオが所有するアベンジャーズ、Xメン、デッドプールなどのスーパーヒーローたちがまとめてディズニー傘下に入るからだ。

そう、アベンジャーズの映画にデッドプールが登場する日も来るかもしれない。ただし「"R指定"ヒーロー」のデッドプールが、ディズニーにふさわしいと判断されればの話だが。

(翻訳:河原里香)

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!

気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを

ウイークデーの朝にお届けします。

ご登録(無料)はこちらから=>>

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:ウクライナ陸軍の著名部隊、隊列強化へ独自

ワールド

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=

ワールド

アングル:太陽光発電大国オーストラリア、さらなる普

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ再び最高値、エヌビディア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 7

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 8

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中