最新記事

北朝鮮

「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危機感

2017年10月5日(木)11時45分
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト) ※デイリーNKジャパンより転載

KCNA via REUTERS

<北朝鮮では連日、金正恩の声明を支持する集会が開かれているが、実際のところ国民はどう思っており、北朝鮮国内は今どういったムードなのか>

北朝鮮の金正恩党委員長は9月21日、トランプ米大統領への敵意をむき出しにした朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長名義の声明を発表した。これ以降、北朝鮮国内では連日のように声明を支持する集会が開かれている。

北朝鮮メディアは国民が「米帝への敵愾心に燃え上がっている」かのように宣伝しているが、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、「核戦争が起きるかもしれない」との恐怖に震え上がっているという。

指導力に不信感

金正恩氏の声明の中身は、ほぼトランプ氏に対する個人攻撃に終始した。金正恩氏のトランプ氏に対する恨みつらみはよほど根深いようだ。しかし、たとえ個人的怨念が込められた声明といえども、唯一独裁者である金正恩氏の声明だけに国民は無条件の服従を強いられる。

声明が発表された直後から、北朝鮮各地で集会が開かれ、「悪の元凶である米国を地球上から完全になくしてしまおう」などの言葉が叫ばれている。北朝鮮メディアは連日「悪の帝国を制圧する」と気勢を上げるなど、北朝鮮全土が反米ムード一色となった。

しかし、最近中国を訪れた北朝鮮の情報筋によると、北朝鮮国民の間に核保有国になったことへの高揚感は見られず、むしろ核戦争の恐怖が蔓延しているもようだという。反米ムードを盛り上げ過ぎたことで、むしろ戦争が迫っているように感じ、それに怯える空気が漂っているというのだ。

物価の高騰も人びとの心理に悪影響を与えているという。北朝鮮の食糧事情は、かつてに比べ大幅に改善した。ただ、国民経済のなし崩し的な資本主義化が進行し、貧富の格差が広がっている今、貧困層は食べ物などの価格がわずかに上昇しただけでも大きな影響を受ける。

(参考記事:コンドーム着用はゼロ...「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち

特にガソリン価格上昇は、物流にダメージを与え、その他の関連業界にも飛び火するなど影響が大きい。

(参考記事:「美女洗車サービス」も登場した北朝鮮ニュービジネス

こうした事態を受け、「当局は核さえあれば人民生活が向上し、平和が保証されていると言っていたのに、その結果がこのザマか」と金正恩氏に対する庶民の怒りは大きくなるばかりだという。

北朝鮮のある幹部はRFAに対し、「核保有で人民に強いリーダーというイメージを植え付けようとしていた金正恩の戦略は失敗した。核戦争への恐怖が倍増し、金正恩の指導力への不信感が高まりつつある」とも述べている。

また、「中朝国境地域を除く主要都市、特に平壌の住民が感じる恐怖感は他の地域より大きい」とも語っているが、平壌のデイリーNK内部情報筋は、今にも戦争が起きるという雰囲気は感じられないと伝えている。地域や立場によって雰囲気に大きな差があるようだ。

戦争の危機を煽って内部統制を図るのは北朝鮮当局の常套手段だが、庶民たちもいつまでも当局のプロパガンダに騙されているわけではない。北朝鮮国営メディアは、トランプ氏の強硬発言を「戦争のほら」という表現で非難、揶揄するが、金正恩氏の言動も似たりよったりということだ。

[筆者]
高英起(デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト)
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

※当記事は「デイリーNKジャパン」からの転載記事です。
dailynklogo150.jpg

ニュース速報

ワールド

韓国、対空ミサイルの実射訓練に成功

ワールド

金正恩氏、最先端兵器を「より多く製造へ」 科学者ら

ビジネス

長期金利想定、過去最低に並ぶ1.1%で調整=18年

ワールド

原油先物が上昇、米原油在庫は予想以上の取り崩し

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 2

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営者が語る

  • 3

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 4

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 5

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 6

    小さな飛行士が壮大な宇宙の旅に

  • 7

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 8

    料理は科学!スクランブルエッグは空気と塩でこんな…

  • 9

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ起きるかだ」

  • 4

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 5

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 6

    2017年は中流でもビットコインを買える最後の年にな…

  • 7

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 8

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 9

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 10

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 8

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月