最新記事

中国経済

航空機リース市場をチャイナマネーが席巻、28%へ上昇 バブル懸念も

2017年10月30日(月)15時29分

10月30日、コストの低い中国資金が、世界の航空機リース市場を揺るがしている。公表された調査によると、リース会社の資金2610億ドルのうち、中国からの比率は28%と、9年前の5%から上昇している。写真は香港の航空機リース企業のモデル。2015年6月撮影(2017年 ロイター/Bobby Yip)

コストの低い中国資金が、世界の航空機リース市場を揺るがしている。30日公表された調査によると、リース会社の資金2610億ドルのうち、中国からの比率は28%と、9年前の5%から上昇している。

過去10年の間に、同業界には中国の銀行や他の投資家からの資金が700億ドル以上流入し、航空会社が保有機を増やす支援をしてきた。ただ、リース市場は新しい重要なアセットクラスとなりつつあり、従来の参加者によるリターンは急速に低下している。

英フライト・アセンド・コンサルタンシーのグローバルコンサルタンシー責任者、ロブ・モリス氏は「直近のサイクル(2003―08年)に、リース料は大幅上昇した。人々が同じ取引に集中したことが一因だ」と指摘した。

中国の航空機市場は世界で最も急速に拡大しており、今週香港で開催された2つの主要会議には1500人の投資家が出席した。

欧州のエアバス、米ボーイングによる製造が過去最大級になっているほか、一部の航空会社による超過注文で、ジェット旅客機の需要は「バブル」を生んでいるとの専門家からの警告は何年も前からあった。

ただモリス氏は、新規投資家が航空業界に多額の資金を投じる中、供給サイドにも危険な長期的兆候が増えていると指摘した。

フライト・アセンドは、中国の資金は5年以内に、航空機リース業界の3分の1以上を占めるようになると予想。このような投資家の多くは低リターンを受け入れているといい、他の参加者にとっては危険信号になっているとした。さらに「この資金が市場のルールをリセットするなら、新しいルールに適応しなければならない。さもなければ負けるだけだ」と述べた。

だが、経験豊かな市場関係者からは異論もある。市場が下向きになった場合、新規資金はすぐに引き揚げられるとみられ、経験の少ない関係者が不必要なジェット機を再配置するのは難しくなるという。

現時点で市場は上向いているとの兆候が出ているものの、一部の長距離旅客機市場では「乱気流」も発生した。

ニュース速報

ワールド

セッションズ米司法長官、ロシア介入疑惑で特別検査官

ビジネス

焦点:日銀総裁、金融正常化観測けん制 市場対話に神

ワールド

TPP11、3月8日にチリで署名式 協定文が確定=

ビジネス

日銀会合は政策・見通し共に据え置き、総裁は出口観測

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開発に光が!?

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 7

    「骨タイプのおやつ」で死亡する犬が急増 米政府機…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    写真が語る2016年:小頭症の赤ん坊を抱きしめるブラ…

  • 10

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 7

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 8

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月