最新記事

ファッション

オバマ夫妻が今年のベストドレッサー トランプ夫妻はランク外

2017年9月7日(木)17時10分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

「2017 Profile in Courage Award」の授賞式に出席したオバマ夫妻(5月8日) Brian Snyder-REUTERS

<権威あるベストドレッサー賞に輝いたのは、現職じゃなくてオバマ前大統領夫妻>

米エンターテインメント誌『バニティ・フェア』が発表した、「世界のベストドレッサーリスト2017」に、バラク・オバマ前米大統領とミシェル夫人がランクインした。一方、ドナルド・トランプ米大統領とメラニア夫人の名前は見当たらない。

オバマとミシェルが選出された「カップル部門」には、エマニュエル・マクロン仏大統領とブリジット夫人、オランダのウィレム・アレクサンダー王とマキシマ王妃も名を連ねた。


同アワードは「メンズ」、「ウーマン」、「オリジナルズ」、「ハリウッド」など全部で6部門あり、政界や王室から個人でランクインしたのは2人。メンズ部門に、甘いマスクで根強い人気を誇るカナダのジャスティン・トルドー首相が、ウーマン部門に上品でハイセンスな着こなしに定評のあるスペインのレティシア妃が選ばれた。どのカテゴリーにもトランプとメラニアを見つけることはできない。

【参考記事】D&Gが女性歌手に激怒した理由はメラニア!?

前大統領がランクインという皮肉

メラニアが外交シーンで着用した服の価格を見てみよう。物議を醸したメラニアのワードローブで記憶に新しいのは、約573万円のドルチェ&ガッバーナのジャケット(5月、イタリアで開かれた主要7カ国(G7)首脳会議中に着用)、そして忘れてはいけない、グッチの真赤なプッシーボウ・ブラウスは約11万円と、値段の高さが目につく。

本誌米国版サイトの評決はこうだ。「ミシェルの洋服は安いがスタイリッシュに着こなしている。メラニアより、アメリカ人にとってはるかに身近に感じられる」。バニティ・フェアも同意したのだろう。

【参考記事】トランプの妻メラニアが大変身、でも勝負服が裏目に

ニュース速報

ビジネス

米共和党、税制改革法案・最終案の概要発表 法人税2

ビジネス

米主要株価3指数が最高値更新、税制改革実現への期待

ワールド

北朝鮮、対話には兵器実験の持続的中止が必要 米国務

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 3

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 10

    宇宙国家アスガルディア、人工衛星の軌道投入成功を…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 5

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月