最新記事

セックス

米スマート・バイブレーターはどこまで賢いか

'Smart' Toys Promise Better Orgasms—And Lots of Data

2017年8月18日(金)18時00分
アビゲイル・ジョーンズ

米ライオネス社のバイブレーターは、オーガズムのデータをスマホに取り込む機能付き Lioness

<アメリカで続々と発売されるハイテク・バイブレーターはオーガズムをグラフやアニメ化してくれるが、快感が置き去りになるという声も>

リズ・クリンガー(29)はバッグに手を入れると、4年越しで開発したバイブレーターを取り出した。淡いグレーで先端が丸くなっており、下側には女性のクリトリス(陰核)を刺激する突起が付いている。使いやすさを追及した持ち手部分には、触るだけで簡単に違いが分かる2つのボタンがある。「私たちはこれを、好奇心旺盛な人のためのバイブレーターと呼んでいる」とクリンガーは言う。「デザインはあえて一般的なバイブレーターに近づけたが、使用後にスマホのアプリでデータを見られるのが特徴だ」

クリンガーと筆者はニューヨーク・マンハッタンの中心部にあるコワーキングスペースのソファに座っていた。周りにいたのは男性ばかり。真後ろにいる人は、「シンクポッド」(個室ブース席)で背中を丸めてノートパソコンに向かっていた。他にも数組のグループが木製の長机の周りにいた。私たちはバイブレーターを持っていたので、彼らが時折こちらの方へ視線を向けるのはもっともだった。

「これがオーガズムのグラフよ」

クリンガーは周囲の視線を気にしない。彼女は米スタートアップ企業、ライオネス社(Lioness)のCEO(最高経営責任者)兼共同設立者だ。本人曰く「世界で最もスマートなバイブレーター」であるライオネスは、基本的にはヴァギナ(女性の膣)の健康状態をトラッキングするものだ。価格は229ドル(送料別)で、4種類のセンサー──膣を締める骨盤底筋の測定用が2つ、体温測定用が1つ、動き測定用が1つ──が内蔵されている。使用後に測定したデータをアプリに蓄積することで、女性は自分のオーガズム(性的絶頂)のパターンを学び、パートナーとのコミュニケーションに役立てることができるという。

lioness02.jpg
(中央が、スマート・バイブレーターのライオネス社を立ち上げたクリンガー)

クリンガーはiPhoneを片手に「これがオーガズムよ!」と言い、アプリのグラフ上で最も長い縦軸が連続した部分を指した。「このグラフは秒単位で骨盤底筋の動きを測定したもの。使用するたびにデータが蓄積されるので、オーガズムに達する時の大まかなパターンを掴める」。

【参考記事】セックスとドラッグと、クラシック音楽界の構造的欠陥

アプリはユーザーのオーガズムをアニメーションで示し(〇が拡大と縮小を繰り返す)、セックス日記もつけられる。同じようなオーガズムのパターンをもつユーザーの経験をもとに、アプリがバイブレーターのより効果的な使い方も教えてくれる(同社のプレスリリースには、「このオーガズムのパターンを持つユーザーは、ライオネスを上に傾けて使用すると快感を得やすいと言っている」などの提案例が紹介されている)。

ニュース速報

ワールド

朝鮮半島情勢の緊迫化、危険な結果もたらす可能性=ロ

ワールド

独極右政党AfD、共同党首が離党表明=報道

ワールド

朝鮮半島情勢は非常に危険な段階=中国外相

ビジネス

米共和党の減税案、パススルー課税引き下げ盛り込む見

MAGAZINE

特集:中国が北朝鮮を見捨てる日

2017-10・ 3号(9/26発売)

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮 「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は「大災害」を指摘

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 米朝、非難の応酬

  • 4

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、…

  • 5

    北朝鮮、米が宣戦布告と主張 領空外でも爆撃機撃墜…

  • 6

    13年ぶり凱旋、トヨタのでかいピックアップ車は売れ…

  • 7

    「核保有国」北朝鮮と世界は共存できるのか

  • 8

    北朝鮮の次はNFLを「口撃」、スポーツまで敵に回した…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 10

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月